フォルクスワーゲン パサート(7代目 ’10-’14):フェイスリフトと共にエンジンをダウンサイジング [B7]

シェアする

フォルクスワーゲン パサート 2010

フォルクスワーゲン パサート 2010 (出典:favcars.com)

1973年に空冷リアエンジン方式の「タイプⅠ」や「タイプⅢ」などに取って代わる新世代の水冷エンジンFF車として誕生したフォルクスワーゲンの小型車「パサート」は、2010年に5年ぶり6度目のモデルチェンジを受け、7代目B7型に移行しました。実質的に先代B6型のビッグマイナーチェンジ版で、フェイスリフトと共にエンジンのダウンサイジング化が実施されました。

日本仕様は1.4Lエンジンを搭載

ボディタイプは、先代同様4ドアセダン5ドアステーションワゴンの「ヴァリアント」が設定されました。スタイリングは、基本的に先代と共通のボディシェルを用いながらも、水平基調のフロントマスクの採用などにより精悍さを増したものとなりました。ボディサイズは全長4,769~4,771mm×全幅1,820mm×全高1,490~1,536mmで、実質的に先代と同等でした。

フォルクスワーゲン パサート 2010

フォルクスワーゲン パサート 2010 (出典:favcars.com)

又、ホイールベースは同一の2,709mmでした。サスペンション形式はフロント:マクファーソンストラット式/リア:4リンク式が踏襲され、駆動方式も従来同様にFFとフルタイム4WDが設定されました。欧州仕様のエンジンは、1.4L直4ターボ/1.8L直4ターボ/2L直4ターボ/3L V6 NAのガソリン4種類と、2L直4ディーゼルターボが用意されました。

フォルクスワーゲン パサート 2010

フォルクスワーゲン パサート 2010 (出典:favcars.com)

トランスミッションは、6速MTと6速/7速DSGが設定されました。日本市場では、翌2011年5月からセダン/ヴァリアントが同時に販売開始となりました。導入されたのは、セダン/ヴァリアント共に1.4L直4ガソリンターボエンジン(最高出力122ps/最大トルク20.4kgm)+7速DSG+FF方式採用の「TSIコンフォートライン」及び「TSIハイライン」の2タイプでした。

フォルクスワーゲン パサート 2010

フォルクスワーゲン パサート 2010 (出典:favcars.com)

スペック面では、1.8L直4ターボエンジン搭載の先代のエントリーグレード「TSIコンフォートライン」に対し、アウトプットが38ps/5.1kgmダウンしました。その一方で、アイドリングストップ機構とブレーキエネルギー回生システムから構成される「ブルーモーション・テクノロジー」の採用と相まって、10.15モード燃費は7.6km/L向上し18.4km/Lとなりました。

派生モデル「オールトラック」を追加

安全装備面では、SRS8エアバッグシステムやEBD&ブレーキアシスト付ABS、横滑り防止装置「ESP」に加え、ドライバー疲労検知システム「DSR」が全車に採用されました。そして2012年6月、ヴァリアントがベースのボディに2L直4ガソリンターボエンジン(最高出力211ps/最大トルク28.6kgm)+6速DSGを搭載し、フルタイム4WD方式を採用した派生モデル「オールトラック」が発売されました。

フォルクスワーゲン パサート Variant 2010

フォルクスワーゲン パサート Variant 2010 (出典:favcars.com)

続いて2013年4月、セダン/ヴァリアントに一部改良が実施され、TSIハイラインにカーナビゲーションシステムや駐車支援システム「パークアシスト」が追加されるなどの仕様向上が図られました。そして2014年に欧州仕様車がフルモデルチェンジを受け、現行型となるB8型に移行、日本市場においては2015年7月から新型の導入が開始されました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK