アウディ F103 (1965-1972):戦後初めてアウディの車名が与えられたモデル

アウディF103 1966

アウディF103 1966

1965年9月のフランクフルト・ショーのおいて、アウディAGの前身であるアウトウニオンAGは「DKW・F102」の後継車種となるF103系「アウディ・72PS」を発表しました。戦後では初めて「アウディ」の車名を与えらえたこのモデルは、F102と共通のプラットフォーム及びボディに、それまでの2ストローク3気筒エンジンに代わり4ストローク4気筒エンジンが搭載されました。

エンジンはベンツ製

ボディタイプは当初、F102同様2ドア/4ドアセダンがラインナップされました。エクステリア面ではヘッドランプが丸型2灯式から角型2灯式に変更されたものの、基本的なプロポーションはほぼ同一でした。ボディサイズは全長4,380mm×全幅1,626mm×全高1,451mmで、F102から全長が100mm拡大され、ホイールベースは10mm延長され2,490mmとなりました。

サスペンション形式は、フロント:ダブルウィッシュボーン/トーションバー式・リア:トレーリングアーム/トーションバー式が踏襲されました。又、エンジン縦置FF方式のレイアウトも踏襲されたものの、3気筒エンジンを前提に設計されたボンネット内に4気筒エンジンはそのままでは収まらず、40度右に傾けて搭載する手法が取られました。

アウディF103 1966

アウディF103 1966

当初採用されたエンジンはダイムラー・ベンツ製の1.7L OHVで、当時のガソリンエンジンとしては異例に高い11.2:1の圧縮比から最高出力72ps/最大トルク13kgmのアウトプットを発生しました。この数値は、F102の1.2Lエンジンを12ps/2.5kmg上回るものでした。トランスミッションはF102同様の4速MTで、ラック&ピニオン式のステアリング形式や、フロント:ディスク式/リア:ドラム式のブレーキ形式も受け継がれました。

高性能版や廉価版を追加

そして翌1966年に新たなラインナップとして、キャブレターの変更などによりエンジンのアウトプットを最高出力80ps/最大トルク13.5kgmまで高めて搭載する「アウディ・80」と、ボアアップにより排気量を1.8Lに拡大したエンジンを搭載し、最高出力90ps/最大トルク15kgmのスペックを持つ高性能版「アウディ・スーパー90」が追加されました。

アウディF103 1966

アウディF103 1966

更に同年、セダンのみだったボディバリエーションに、新たに3ドアステーションワゴンの「ヴァリアント」が加わりました。次いで1968年、1.7Lエンジンのストロークダウン版となる1.5Lエンジン(最高出力56ps/最大トルク11.5kgm)を搭載するエントリーモデル「アウディ・60」が追加になりました。

続いて翌1969年には72PS/80に代わるモデルとして、最高出力75ps/最大トルク13kgmの1.7Lエンジンを搭載する「アウディ・75」がリリースされました。そして1971年にスーパー90がカタログ落ちし、残る60/75も翌1972年に後継車種B1系「アウディ・80」にバトンタッチして生産終了となりました。

新車の購入検討中なら、こちらもチェック!

フリード値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価|新車購入ガイド
フリードの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、ハリアーの長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどホンダ フリ...
ヤリス値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価|新車購入ガイド
ヤリスの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ ヤリスの新車購入...
フィット 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価
フィットの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどホンダ 新型フィットの...
N-BOX/カスタム 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
N-BOX/カスタムの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどホンダ 新...
タント値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価|新車購入ガイド
タント/カスタムの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどダイハツ 新型...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

アウディその他 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ