BMW 503 (1956-1959):327の後継モデルとして登場した高級スポーツカー

BMW 503 Cabriolet (Series I 1956-1958)

BMWは1955年9月のフランクフルト・ショーにおいて、戦前に発売された「327」の後継モデルとなるとともに、アメリカ市場を主要なターゲットとした新型高級スポーツカー「503」を発表、翌1956年5月に市販を開始しました。1951年にリリースされた「501/502」をベースとして開発され、エクステリア・デザインはドイツ人デザイナーのアルブレヒト・グラーフ・ゲルツの手により行われました。

3.2L V8エンジンを搭載

BMW 503 Cabriolet (Series I 1956-1958)

オールアルミ製となるボディのタイプは、2ドア・ピラーレスハードトップクーペと2ドア・カブリオレが用意されました。いずれも、ミニマムなスペースのリアシートが備わる2+2シーター仕様でした。スタイリングは、「501/502クーペ」よりもモダンかつ流麗なフォルムに変貌を遂げていました。ボディサイズは、全長4,750mm×全幅1,710mm×全高1,400mm(クーペ)/1,440mm(カブリオレ)でした。

BMW 503 Coupe (Series I 1956-1958)

ホイールベースは501/502シリーズと共通の2,835mmで、車両重量はクーペ/カブリオレともに1,500kgでした。駆動方式はFRを踏襲し、エンジンは502譲りの水冷3.2L V8OHVにゼニス・ツインキャブレターを装着したものが搭載されました。アウトプットは最高出力140ps/4,800rpm・最大トルク22kgm/3,800rpmで、502に搭載されたシングルキャブレター仕様から20psの出力向上を果たしていました。

4速MTを介してのパフォーマンスは、最高速度190km/h・0-100km/h加速13sと発表されました。サスペンション形式は501/502シリーズと共通で、フロントにダブルウィッシュボーン/横置トーションバー式、リアに3リンク/縦置トーションバー式が採用されました。また、ステアリング形式も同様のラック&ピニオン式が踏襲されたほか、4輪ドラム式のブレーキ形式も共通でした。

パワーウィンドウを装備

BMW 503 Coupe (Series II 1958-1959)

また、ホイール&タイヤは4.5J×16インチホイール+6.00H×16インチクロスプライタイヤの組み合わせが採用されました。インテリアは、丸型3眼式メーターが備わるインパネの上部やドア内張り、シートなどのカラーに派手な赤が設定されていました。一方で、ステアリングホイールは白い4本スポーク式が採用され、そのコントラストがアクセントとなっていました。

BMW 503 Coupe (Series II 1958-1959)

また、装備面ではパワーウィンドウが採用されるなど豪華なものでした。しかし、販売面では同時に発表された2シーター・スポーツカーの「507」ともども振るいませんでした。さらに、当時同社が深刻な経営不振に陥っていたこともあり、発売から僅か3年足らずの1959年3月に生産終了となりました。

生産台数は少なく、僅か413台に留まりました。後継モデルはすぐにはリリースされなかったものの、経営状態が上向いた1962年に実質的な後継モデルとなる「3200CS」がリリースされました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

BMWその他 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず