デイムラー マジェスティック・メジャー (1960-1968):マジェスティックの上級モデルとして誕生

デイムラー マジェスティック・メジャー (1960 出典:wikipedia)

かつてイギリスのコヴェントリーに存在していた自動車メーカー、デイムラーは、1959年10月に開催されたロンドン・ショーにおいて高級4ドアセダン「マジェスティック・メジャー」を発表、ジャガー参加に収まった翌1960年11月に生産を開始しました。1958年にデビューした「マジェスティック」の上級モデルで、より排気量の大きいエンジンを搭載することで優れた動力性能を実現していました。

古典的なスタイリングを踏襲

シャシーは1937年にリリースされた「ニューフィフテーン」で採用されたボックスセクションフレームの改良型で、弟分のマジェスティックと共通のものでした。スタイリングも基本的にマジェスティックと共通で、縦長のフロントグリルや完全にフラッシュサイド・フルワイズ化されていないボディ側面の造形など、古典的な雰囲気を醸すものでした。

ボディサイズは全長5,100mm×全幅1,873mm×全高1,594mmで、マジェスティックから全長と全幅が拡大されていました。ホイールベースは同一の2,896mmで、車両重量は50kg程重い1,854kgでした。駆動方式はFRを踏襲し、エンジンはマジェスティックの3.8L直6OHVに代わり、4.6L直6OHV SUツインキャブレター仕様(最高出力223ps/5,500rpm・最大トルク39.2kgm/3,200rpm)が搭載されました。

ジャガーに迫る動力性能

デイムラー マジェスティック・メジャー (1960 出典:wikipedia)

当時の高性能セダンの代名詞的存在であった「ジャガー・3.8マーク2」の3.8L直6DOHCエンジンと比較すると、最高出力は同一で最大トルクは6.1kgm勝っていました。トランスミッションはボルグ・ワーナー製の3速トルコン式ATが組み合わせられ、最高速度192km/hの性能を発揮しました。

このパフォーマンスは、ジャガー・3.8マーク2の201km/hには若干及ばなかったものの、スポーツセダンを名乗るにやぶさかでないものでした。ブレーキはマジェスティック同様、ダンロップ製の4輪ディスク・ブレーキが奢られました。また、ロック・トゥ・ロック4.5回転のスローなギアレシオを持つステアリングには、当初はパワーアシストが備わっていませんでした。

その後1964年10月に、パワーステアリングが標準化されました。また、後期型はリミテッドスリップデフが採用されるとともに、ダイナモに代わりオルタネーターが装備されました。そして1968年に生産を終了、後継モデルはすぐにはリリースされず、同クラスのモデルの登場は1972年の「ダブルシックス」まで待たなければなりませんでした。

なお、派生モデルとして、1961年に全長とホイールベースを大幅に延長した8人乗りのリムジン「DR450」がリリースされました。パワートレインをはじめ基本的なメカニズムはマジェスティック・メジャーと共通で、同様に1968年まで生産されました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

その他メーカー時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ