ジープ ラングラー (3代目 JK 2006-2006):歴代モデル初の4ドア車や究極のオフロードモデルを設定

かつて存在していた自動車メーカー、ダイムラー・クライスラー(現フィアット・クライスラー・オートモビルズ)は、2006年にSUV「ジープ・ラングラー」に通算2度目のフルモデルチェンジを実施し、現行JK型に移行させました。先代からプラットフォームが一新されるとともに、歴代モデル初の4ドア車や究極のオフロード性能を追求したモデルが設定されたことが特徴でした。

ボディサイズを拡大

ボディタイプは、4人乗りの2ドア・ソフトトップ仕様と同ハードトップ仕様、5人乗りの4ドア・ハードトップ仕様「アンリミテッド」の3タイプがラインナップされました。また、2ドア・ハードトップとアンリミテッドには分割して取り外しができる「フリーダムトップ」が採用されたほか、2ドア・ソフトトップにはオプションでフロント部分のみを開閉できる「サンライダーソフトトップ」が設定されました。

エクステリア・デザインは、張り出した前後のフェンダーを持つクラシカルな出で立ちや、丸型2灯式ヘッドランプと7スリットのフロントグリルを配したフロントマスクなどが継承されました。2ドア車のボディサイズは全長4,223mm×全幅1,873mm×全高1,800mmで、先代から一回り以上拡大されました。また、ホイールベースも50mmほど延長され2,424mmとなりました。

エンジン・ラインナップを一新

一方アンリミテッドは、全長4,751mm×全幅1,873mm×全高1,800mm、ホイールベース2,947mmのディメンションとなっていました。サスペンション形式は従来同様前後とも4リンク・リジッド式で、駆動方式もパートタイム4WDが踏襲されました。エンジンは先代のガソリン2.4L直4DOHCおよび4L直6OHVに代わり、ガソリン3.8L直6OHVと2.8L直4DOHCディーゼルターボが用意されました。

スペックは、ガソリンが最高出力199ps/最大トルク32.1kgm、ディーゼルが最高出力177ps/最大トルク40.8kgmでした。トランスミッションは前者には4速トルコン式ATまたは6速MTが、後者には5速トルコン式ATが組み合わせられました。ブレーキはフロントはベンチレーテッド・ディスク式を踏襲し、リアはドラム式からソリッド・ディスク式にアップグレードされました。

安全装備を強化

安全装備面ではSRSデュアルエアバッグシステムに加え、歴代ラングラー初のSRSサイドエアバッグシステムやABS、横滑り防止装置「ESP」などが標準装備されました。基本グレードは「スポーツ」「XS」「サハラ」「ルビコン」の4タイプで、このうちルビコンには「トゥルロックディファレンシャル」「ロックトラックトランスファー」などオフロード性能を高めるための専用装備が備わっていました。

その後2012年に、ガソリンエンジンが3.6L V6DOHC(最高出力284ps/最大トルク35.4kgm)に置換されるとともに、組み合わせられるATが5速に変更されました。日本市場における展開は、2007年3月にまず2ドア「スポーツ」「サハラ」「ルビコン」とアンリミテッド「スポーツ」「サハラ」が導入されました。搭載エンジンは、いずれもガソリン3.8Lでした。

その後2008年4月に、アンリミテッドにもルビコンが設定されました。次いで2012年1月にエンジンが3.6Lに変更されるとともに、グレードが2ドアはサハラのみに、アンリミテッドはスポーツ/サハラの2タイプに整理されました。

SUVを購入検討中なら、こちらもチェック!

RAV4 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
RAV4の値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ RAV4の新車...
C-HR値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
C-HRの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ C-HRの新車...
ライズ値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価
ライズの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ 新型ライズの新車...
ハスラー値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価
ハスラーの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどスズキ ハスラーの新車...
ジムニー/シエラ 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
ジムニー/シエラの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどスズキ 新型ジ...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ジープ
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ