キックス 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価|KICKS購入ガイド

日産キックス X ツートーンインテリアエディション(プレミアムホライズンオレンジ/ピュアブラック2トーン)

キックスの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなど日産 新型キックスの新車購入に必要な情報を完全ガイド。

そして、値引きやリセールバリューなどを基にキックスのお買い得度を総合評価しています。

日産 キックスはどんなクルマ?

日産のコンパクトSUV「キックス」は、2016年8月、ブラジルにて発売を開始。2017年には中国、北米市場でも販売を開始しました。

日本ではジュークが存在した為、国内市場への投入は見送られていましたが、ジュークの販売終了に伴い、後継モデルとして2020年6月に販売開始となりました。

全長 4,295mm × 全幅 1,760mm × 全高 1,610mmと、全幅は5ナンバーサイズを超えるものの全長は短くコンパクトなボディにe-POWER、プロパイロットを搭載し、日産らしい先進装備を投入したSUVとなっています。

日産キックスの値引き相場

値引き交渉の深さ 値引きの目安
特に値引き交渉をしない ~3万円
競合を絡ませて値引き交渉 5~9万円
限界値引き交渉・オプション多数 10~15万円

日産キックスの値引き難易度:C

(A:甘い ~ E:厳しい)

キックスは投入から日が浅い事もあり、値引きは渋めとなっています。しかし、コンパクトSUV市場は世界的に人気カテゴリーで競合が多く存在しており、競合車種の見積もりを取った上でしっかりと値引き交渉すれば、それなりに値引きは引き出すことが出来ます。

日産キックスの納期:長い

  • 納期:5ヵ月~6ヵ月

受注が想定より好調のようで、納期が大幅に長くなっています。

コロナ禍による国内での外出自粛、海外のロックダウンなどの影響により部品供給がストップするなどで納期が大きく乱れている可能性があります。一方で国内の新車の販売台数は大きく落ち込んでおり、ディーラーが抱えている売れ筋グレードが即納で大きな値引きを狙えるチャンスでもあります。購入を予定している人はディーラーに納期をご確認下さい。

日産キックスの値引き相場がわかったら、次にすべき事

日産キックス X ツートーンインテリアエディション

「キックスの値引き相場がわかった!すぐに商談に行く!」。しかし、焦りは禁物。商談を始める前に、今乗っている車の一括査定が必須です。

自分の車の相場を把握しておかずに商談に入ると、キックスの魅力と「すぐ決めて頂ければ値引きを…」という甘い誘いに負け、下取り額に対してルーズになってしまい、買換え全体では損をする事になります。

まずは「ナビクル」など、ネットで今すぐできる「一括査定サービス」を使ってみましょう。複数社に査定してもらうと査定の差額は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了するとすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに調べる キックスを見に行って下取り査定を受ける前に、愛車の買い取り相場を調べておくのが失敗を防ぐ大きなポイントです。

btn_8190_600x100

日産キックスのグレード別 新車価格

グレード 駆動 エンジン(モーター) 価格(円)
X 2WD(FF) HR12DE(EM57) 2,759,900
X ツートーンインテリアエディション 2.869,900

※価格は2020年6月29日現在のメーカー小売希望価格(消費税10%込)です。最新の価格はメーカー公式HP、またはディーラーでご確認下さい。

btn_8190_600x100

日産キックスのグレード選び

キックスのパワートレイン

パワーユニットはe-POWER(モーター+1.2Lガソリン)の1種類。4WDは発売時点では設定がありません。トランスミッションはオートマチックで、マニュアルトランスミッションの設定はありません。

キックスのグレード構成

基本的なバリエーション構成は「X」「X ツートーンインテリアエディション」の2種類となっています。

キックスのおすすめグレード

キックスのおすすめグレードは充実装備でお買い得感の高い「キックス X」(2WD)です。

キックスの見積もり価格

おススメグレードの「キックスX」(2WD)に以下の装備を選択したケース

  • 日産オリジナルナビゲーション MJ119D-W:132,658 円
  • ETCユニット[音声/ビルトインタイプ]:30,580 円
  • フロアカーペット エクセレント:26,400 円
車両価格 ¥2,759,900
ディーラーオプション ¥189,638
環境性能割 ¥0
自動車重量税 ¥22,500
自動車重量税(エコカー減税額)
¥-22,500
自賠責保険料 ¥30,170
自動車税(種別割)(6月登録の場合) ¥22,800
税金保険料等計 ¥52,970
リサイクル費用
¥2,420
登録諸費用(参考価格、消費税込)
¥50,414
合計 ¥3,055,342
 値引き(標準的な値引き交渉)

¥65,342

値引き込みの乗り出し価格 ¥2,990,000

ナビ、ETC、フロアマットのプレーンなオプションを装備した価格は上記となります。標準的な値引き交渉で6万円と端数をカットしてもらった場合「キックスX」(2WD)の乗り出し価格は299万円となります。

(見積りは2020年6月29日時点)

キックスの実燃費(2名乗車時の目安)

e-POWER(モーター+1.2Lガソリン)の実燃費

走行シーン 燃費
高速道路中心 20~22km/L
郊外・幹線道路 22~26km/L
市街地 20~24km/L

キックスのリセールバリュー:3.5 (5段階評価)

キックスの属するコンパクトSUV市場は人気の売れ筋カテゴリーとなっており、中古市場でも非常に人気があります。キックスはモデルチェンジ初期となり3年など短期での乗り換えの場合には現行モデルのままとなる事から短期でリセールバリューは非常に高く、長期でもe-POWERの人気から比較的高いリセールバリューが期待できます。

 

btn_8190_600x100

日産キックスの競合はコレ!

キックスを安く購入する為には、前もって競合車種の見積もりを取っておきましょう。競合車種とポイントは以下の通りです。

ホンダ ヴェゼル

ホンダ ヴェゼル HYBRID Z・Honda SENSING(FF) プレミアムクリスタルレッド・メタリック 2018

フィットをベースとして開発されたヴェゼル。ヴェゼルはフィット譲りの居住空間を継承し、スタイリッシュさを保ちながら広い後席空間を持っています。

モデル末期に差し掛かっていますが、居住空間と扱いやすいサイズ、そしてハイブリッドを武器に国内SUVでトップクラスの販売台数を誇ります。値引きは出やすくなりつつあるので、キックスと競合させて大きな値引きを引き出しましょう。

新型ヴェゼル 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
ヴェゼルの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどホンダ ヴェゼルの新車...

トヨタ C-HR

ジュークが火を付け人気となったコンパクトSUVカテゴリーに、トヨタが満を持して送り込んだのがトヨタC-HRです。

発売が2016年12月で安全装備と乗り心地、そしてフルハイブリッドシステムを装備し、ニューモデルらしい魅力を備えたモデルとなっています。パッケージングはキックスとは異なりルーフ後端を絞り込んでクーペのようなスポーティなフォルムとなっています。

キックスがe-POWERを売りにしているのに対し、C-HRはダウンサイジングの1.2L直4ガソリンエンジンと、1.8L+モーターのフルハイブリッドの2種類を準備。人気の高いモデルとなっていますので、キックスとの競合車種としてしっかり活用しましょう。

C-HR値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
C-HRの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ C-HRの新車...

マツダ CX-30

マツダ CX-30 (国内仕様)

MAZDA3をベースとしたマツダのコンパクトSUVとして投入されたCX-30。優れたデザインとクラス唯一となる1.8Lディーゼルエンジン、高い質感が魅力です。キックスと違ってハイブリッドではなく、ディーゼルエンジンでエコ性能を高めています。キックスと競合させる事で大きな値引き額を引き出しましょう。

新型CX-30 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
CX-30の値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどマツダ 新型CX-3...

競合車を使ってキックスの値引き交渉を

キックスの値引きを引き出すにあたっては、上記のヴェゼル、C-HRなどの見積もりを事前に入手してから臨みましょう。他社ライバル車種や同じクラスの車種の見積もりを比較する事で、購入に対する本気度も伝わり、キックスの値引きを引き出し易くなります。

 

btn_8190_600x100

日産キックスの長所と欠点

日産キックスの長所

e-POWERを導入

市街地から高速まで、全ての走行環境においてモーターで走行する日産の特徴と言えるパワーユニット「e-POWER」を導入。先代にあたるジュークではガソリンエンジンのみの設定だった事を考えると大きな進化ポイントと言えます。

プロパイロットなどトップクラスの先進安全装備

新型キックスは日産が積極的に採用を進めているプロパイロットを搭載。プロパイロットだけでなく、インテリジェント DA(ふらつき警報)、SOSコールなどコンパクトSUVとしてはトップクラスの先進安全技術が導入されています。

日産キックスの欠点

新興国向けに作られた簡素な質感

日産キックス X(内装色:ブラック)

日産キックスは日本国内では2020年6月発売のニューモデルではありますが、ブラジルでは2016年8月に発売を開始しており、今回の日本導入はマイナーチェンジでのタイミングとなっています。

e-POWER、プロパイロットなど先進装備を導入していますが、車のモデルライフとしては中盤での投入であり、競合が新世代プラットフォームでのフルモデルチェンジを行なっているのに比べると、やや見劣りする部分と言えます。

内装の質感なども新興国向けにコストを抑えた造りとなっており、質感の高いマツダCX-30などと比べるとクラスが下の印象を受けます。

キックスの値引きとリセールバリュー込の総合評価:3.5 (5段階評価)

苦しい日産から久しぶりの新型車

ここ数年の日産はなかなか攻めのニューモデルがなく、新規モデルの投入はデイズ、ルークスという軽自動車のみとなっています。

そんな中、キックスは待望の新型車として投入されました。厳密にはキックス現行モデルの登場は2016年なので純粋な新型車とは言いづらいですが、e-POWER、プロパイロットという日産の看板技術を盛り込んでおり、外装デザインもリフレッシュされた為、古さは感じにくいようになっています。

コンパクトSUVはC-HRやCX-3などドライバーズカーとしてクーペライクなものが多いですが、キックスは後席居住性もしっかりと確保されており、多人数乗車にも使い勝手が良く日常の足として十分な魅力を備えています。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

キックス 新車値引き
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ