ホンダ シティターボⅡ (AA 1983-1986):インタークーラーターボで110馬力に。愛称はブルドッグ

シェアする

ホンダ シティ ターボⅡ 1983

ホンダ シティ ターボⅡ 1983

1981年11月に「シビック」の一クラス下に位置するモデルとしてデビューしたホンダのコンパクトカー「シティ」は、1982年9月にターボエンジン搭載の高性能モデル「シティターボ」が追加され、次いで1983年10月には更なる高性能を追及した「シティターボⅡ」が登場しました。クラス初となるインタークーラー・ターボ装備によりパワーアップを図った他、足回りやエクステリアにも変更が加えられました。

エクステリア変更で走りのイメージを強化

シティターボ同様の3ドアハッチバックボディは基本的なフォルムを踏襲しながらも、ボンネットフード上のパワーバルジの大型化や「ダイナミックフェンダー」と呼ばれるブリスターフェンダーの採用、フロント・エアロスカートのデザイン変更などにより、一段と走りのイメージが強化されました。又、ボディ側面に「TURBOⅡ」のロゴが入れられた事も相違点でした。

ホンダ シティ ターボⅡ 1983

ホンダ シティ ターボⅡ 1983

ボディサイズは全長3,420mm×全幅1,625mm×全高1,470mmで、シティターボからそれぞれ40mm×55mm×10mm拡大されました。ホイールベースは同一の2,220mmとなるものの、トレッドはフロントが30mm拡大され1,400mmに、リアが20mm拡大され1,390mmとなり、走行安定性の向上が図られました。車両重量は45kg増加し、735kg(サンルーフ仕様車は745kg)となりました。

ホンダ シティ ターボⅡ 1983

ホンダ シティ ターボⅡ 1983

その他、4輪マクファーソンストラット式のサスペンション形式やフロントベンチレーテッドディスク式/リアドラム式のブレーキ形式が踏襲された一方で、タイヤはシティターボの165/70HR12からよりワイドでハイトの低い185/60R13 80Hに変更されました。駆動方式はFFを踏襲し、エンジンは形式上はシティターボと同一の1.2L直4SOHC PGM-FI(電子燃料噴射)のER型が受け継がれました。

ホンダ シティ ターボⅡのCM

「ニューコンバックスエンジン」を採用

しかし、前述したインタークーラー装備の他、アンチノック性能を一段と向上させた「ニューコンバックスエンジン」へと進化を遂げていました。スペックは最高出力110ps/5,500prm・最大トルク16.3kgm/3,000rpmで、シティターボに対し最高出力で10ps、最大トルクで1.3kgmの向上を果たしました(発生回転数は同一)。その一方で、10モード燃費は1km/L低下し17.6km/Lとなりました。

ホンダ シティ ターボⅡ 1983

ホンダ シティ ターボⅡ 1983

トランスミッションは、シティターボとギアレシオやファイナルレシオも共通となる5速MTが組み合わせられました。そして1985年3月にマイナーチェンジが実施され、フロントグリルの意匠変更やメーターデザインの変更(デジタル式→アナログ式)が行われた他、可倒式ドアミラーの採用やリアシャルフの追加などが行われました。そして1986年10月のフルモデルチェンジに伴い、ターボⅡは消滅しました。

フィット/ハイブリッドの購入を検討中なら、こちらもチェック!

フィット/ハイブリッドの下取り、買取り査定相場を知りたいなら

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK