ダットサン(日産) サニー (3代目 B210 1973-1977):ボディを拡大すると共に個性的なスタイリングに

シェアする

日産 サニー 4Drセダン 1973

日産 サニー 4Drセダン 1973

初代モデルが1966年に発売された日産の大衆車「サニー」は、1973年5月に3年ぶり2度目のフルモデルチェンジが実施され、3代目モデルに移行しました。基本的なメカニズムは先代から大きな変更はなかったものの、ボディサイズが一回り拡大されると共に北米市場を意識した個性的なスタイリングに変貌しました。又、後期型ではエンジンが変更されました。

グラマラスなフォルムに変貌

日産 サニー 4Drセダン 1973

日産 サニー 4Drセダン 1973

ボディタイプは、乗用モデルは2ドア/4ドアセダンとテールゲートが備わる3ドアクーペが、商用モデルは2ドア/4ドアバンがラインナップされました。スタイリングは、直線基調の先代から曲線基調のグラマラスなフォルムに変更されると共に、キャラクターラインが多用されデコラティブな印象となりました。又、「エクセレント」シリーズには専用のフロント廻り・リア廻りのデザインが与えられました。

日産 サニー バン 1973

日産 サニー バン 1973

ボディサイズは全長3,950mm×全幅1,545mm×全高1,370mm(セダン)となり、先代から全長と全幅が拡大され、全高は若干低くなりました。ホイールベースは先代エクセレントシリーズと同一の2,340mmで、サスペンション形式も先代同様のフロント:マクファーソンストラット式/リア:リジッド・リーフ式が採用されました。

日産 サニー Excellent GX Coupe 1973

日産 サニー Excellent GX Coupe 1973

駆動方式はFRが踏襲され、エンジンは発売当初先代からキャリオーバーされた1.2L直4OHVのA12型(シングルキャブ仕様:最高出力68ps/最大トルク9.7kgm・ツインキャブ仕様:最高出力80ps/最大トルク9.8kgm)と、1.4L直4SOHCのL14型(シングルキャブ仕様:最高出力85ps/最大トルク11.8kgm・ツインキャブ仕様:最高出力95ps/最大トルク12.4kgm)が用意されました。

日産 サニー Excellent GX Coupe 1973

日産 サニー Excellent GX Coupe 1973

スペック面では、A12型ツインキャブレター仕様がレギュラーガソリン仕様となり出力が低下した以外は先代と同一であったものの、昭和48年排出ガス規制をクリアする為に燃料蒸発防止装置などが搭載されました。トランスミッションは、先代同様4速/5速MTと3速トルコン式ATが設定されました。グレード体系は、下から「セミデラックス」「デラックス」「GL」「GX」が設定されました。

日産 サニーのCM 

M/Cでエクセレントシリーズのエンジンを変更

そして1975年10月及び12月に、昭和51年排出ガス規制に適合する為の仕様変更が行われました。次いで翌1976年2月にマイナーチェンジが実施され、エクセレントのエンジンが1.4L直4OHVのA14型(シングルキャブ仕様:最高出力80ps/最大トルク11.5kgm)及び1.6L直4SOHCのL16型(シングルキャブ仕様:最高出力92ps/最大トルク13.2kgm・ツインキャブ仕様:最高出力100ps/最大トルク13.5kgm)に変更されました。

日産 サニー GX Coupe 1973

日産 サニー GX Coupe 1973

更に同年7月に、1.4L車にA14型ツインキャブレター仕様エンジン(最高出力92ps/最大トルク11.7kgm)を搭載するスポーティグレード「1400GX-T」が、翌1977年2月には豪華グレード「GL-L」「GX-L」などが追加されました。そして1977年11月にフルモデルチェンジが実施され、4代目B310型に移行しました。

セダン・ワゴンの人気車を購入検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK