スバル 新型フォレスター値引き2018年8月-納期/実燃費/価格の評価

シェアする

スバル フォレスター 2018

スバル 新型フォレスターの値引き/納期/実燃費レポート

(2018年8月1日更新)

スバルのクロスオーバーSUV「フォレスター」は、初代モデルが1997年にデビューし、2018年7月発売にフルモデルチェンジし5代目となります。

前回のモデルチェンジが2012年11月だったので約6年ぶりのモデルチェンジとなり、新型プラットフォームの採用など大幅な刷新がされている一方、外観はパッと見では新型とわからないくらい先代モデルのデザインを踏襲しています。

スバル 新型フォレスターの新車値引き相場

  • オプション含む平均値引き相場:10万円
  • 車両本体の値引き目標額:7万円

スバル 新型フォレスターの新車値引き難易度:C

(A:甘い ~ E:厳しい)

スバル自慢の水平対向エンジンを搭載したミディアムSUV、スバル フォレスター。

世界的にSUV人気が高まる中にあって、発売から期間が経過していた先代モデルから待望の新型となり、値引きは厳しめな状況にあります。ただ、ここ数年で競合も増えているので粘り強い値引き交渉を行いましょう。

新型フォレスターの納期:やや長め

  • 納期:2ヵ月~3ヵ月

新型フォレスターの値引き相場がわかったら、次にすべき事

スバル フォレスター 2018

「新型フォレスターの値引き相場がわかった!すぐに商談に行く!」。しかし、焦りは禁物。商談を始める前に、今乗っている車の一括査定が必須です。

自分の車の相場を把握しておかずに商談に入ると、新型フォレスターの魅力と「すぐ決めて頂ければ値引きを…」という甘い誘いに負け、下取り額に対してルーズになってしまい、買換え全体では損をする事になります。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットで今すぐできる「一括査定サービス」を使ってみましょう。複数社に査定してもらうと査定の差額は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら簡単な入力が完了するとすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに調べる 新型フォレスターを見に行って下取り査定を受ける前に、愛車の買い取り相場を調べておくのが失敗を防ぐ大きなポイントです。

btn_8190_600x100

スバル フォレスターの価格/グレード/実燃費

スバル フォレスターのグレード別 新車価格とJC08モード燃費

AWD (リニアトロニック(CVT))

グレード JC08燃費 価格(税込)
Touring 14.6km/L 2,808,000円
Premium 3,024,000円
X-BREAK 2,916,000円
Advance 18.6km/L 3,099,600円

※価格は2018年6/28現在のメーカー小売希望価格(税込)です。最新の価格はメーカー公式HP、またはディーラーでご確認下さい。

btn_8190_600x100

スバル フォレスターのグレード選び

フォレスターのパワートレイン

パワートレインは水平対向4気筒ガソリンエンジン2.5Lの自然吸気と、水平対向4気筒ガソリンエンジン2.0L+モーターのハイブリッド「e-BOXER」の2種類。

4WD(スバルではAWDと呼称)は全車標準で2WDの設定はありません。マニュアルトランスミッション設定はありません。

フォレスターのグレード構成

グレード構成はベースグレードの「Touring」、中間グレード「Premium」、上級グレード「X-BREAK」、ハイブリッド”e-BOXER”を搭載した「Advance」の4種類となっています。

フォレスターの価格帯

価格は「Touring」の2,808,000円から「Advance」の3,099,600円までで、価格差は29万円となっています。

フォレスターの実燃費(2.5L、2名乗車時の目安)

  • 高速道路中心の燃費:13~16km/L
  • 郊外・幹線道路の燃費:10~12km/L
  • 渋滞のある市街地の燃費:8~10km/L

btn_8190_600x100

スバル フォレスターの競合はコレ!

フォレスターを安く購入する為には、前もって競合車種の見積もりを取っておきましょう。競合車種とポイントは以下の通りです。

日産 エクストレイル/ハイブリッド

日産 X-TRAIL 20X 2015

初代、2代目とボクシーで買いやすい価格から人気車となった日産 エクストレイル。3代目にモデルチェンジして丸みを帯び高級感を増し、価格帯もやや上にシフトしました。フルハイブリッドが追加となり、フォレスターとは違った方向へと向かっています。人気は以前ほどではなく、値引きもそれなりに引き出しやすいと言えます。フォレスターとの競合で大きな値引きを引き出しましょう。

マツダ CX-5

フォレスターと比較すると、本格的なオフロード走行よりも都市型SUVのコンセプトで開発されたマツダ CX-5。ウリは何と言ってもマツダ自慢の優れたデザインとスカイアクティブ・ディーゼルです。

2017年2月にフルモデルチェンジを実施し2代目となりました。初代の発売当初は値引きも渋めでしたが、それなりに値引きを引き出せる状況になっています。フォレスターとの競合を全面に出して、値引きを引き出しましょう。

トヨタ C-HR/ハイブリッド

ジュークが火を付け人気となったコンパクトSUVカテゴリーに、トヨタが満を持して送り込んだのがトヨタCH-Rです。

発売が2016年12月で、最新の安全装備と乗り心地、そしてフルハイブリッドシステムを装備し、最新モデルらしい魅力を備えたモデルとなっています。ルーフ後端を絞り込んでクーペのようなスポーティなフォルムとなっています。その結果、後席は大人が長時間乗るには少し窮屈に感じます。

C-HRはダウンサイジングの1.2L直4ガソリンエンジンと、フルハイブリッド(1.8L+モーター)の2種類を準備。新型フォレスターは2.5Lエンジンが標準となり、C-HRは車格が少し下となりますが、人気がありエントリーモデルの価格もフォレスターより安いので、見積もりを取って競合として活用しましょう。

btn_8190_600x100

スバル フォレスターの強み/弱み/総合評価

スバル フォレスターの値引きを引き出すにあたっては、上記のエクストレイル、CX-5の見積もりを事前に入手してから臨みましょう。他社ライバル車種や同じクラスの車種の見積もりを比較する事で、購入に対する本気度も伝わり、スバル フォレスターの値引きを引き出し易くなります。

スバル フォレスターの強み

高い走破性と都市利用の融合

スバル フォレスター 2018

新しいスバルのプラットフォームの採用、ハイブリッドモデルの新設定設定など各所に渡って大幅なモデルチェンジとなったフォレスター。

先代モデルのデビューから約6年ぶりとあって力の入ったSUVとなっています。

スバル フォレスターの弱点は?

価格帯のアップ

先代モデルは210万円台からと車格の割には低い価格設定も魅力の一つでした。新型フォレスターは2.5Lエンジン搭載の4WDで280万円台からとなり、ライバルと比べれば高い訳ではないものの、先代モデルと比較するとお買い得感はかなり薄れてしまったとも言えます。

スバル フォレスターの総合評価

一台を長く乗る人におすすめなSUV

C-HRのような最新型のスタイリッシュなデザインや、CX-5のような洗練された都市型SUVという印象はありませんが、奇をてらうことなく質実剛健に作られたフォレスターは、逆に古さを感じにくく、長い期間所有するのにも適した一台と言えます。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK