サーブ 900 (2代目 1993-1998):GM傘下の元で開発されプラットフォームを一新

サーブ 900 (2代目 1993)

かつてサーブの自動車部門として存在したサーブ・オートモビルは、1993年に中型乗用車「900」に15年ぶりにして初のフルモデルチェンジを実施し、2代目モデルに移行させました。GM(ゼネラル・モーターズ)傘下において開発されたことから、プラットフォームがそれまでの自社製から同じGMグループの「オペル・ベクトラ」のものに変更されていました。

スポンサーリンク
車の買い替えを考え始めたら、下取り査定を受ける前にクルマの値段を把握しましょう。「ナビクル」などのWEBサービスなら、スマホやPCから簡単な入力で手軽に査定額がわかります。

サスペンション形式を一新

サーブ 900 SE Turbo Coupe (2代目 1993)

ボディタイプは、当初は5ドアハッチバックのみのラインナップでした。スタイリングはひと目でサーブ車と分かるフォルムを踏襲しながらも、先代よりもAピラーが寝かされるなどモダナイズが図られました。空力特性も向上し、Cd値は先代を大幅に下回る0.3を実現していました。ボディサイズは全長4,638mm×全幅1,712mm×全高1,435mmで、先代から全幅と全高が若干拡大されました。

サーブ 900 SE Turbo Coupe (2代目 1993)

また、ホイールベースは80mm以上延長され2,601mmとなりました。サスペンション形式は、フロントがダブルウィッシュボーン式からマクファーソンストラット式に、リアが5リンク式からトーションビーム式に変更されました。駆動方式はFFが踏襲された一方、エンジン・レイアウトは縦置きから横置きに変更されました。

オペル製V6エンジンを新設定

サーブ 900 SE Turbo (2代目 1993)

エンジンは、先代からキャリオーバーされた自社製の2L直4DOHC NA(最高出力130ps/最大トルク18kgm)と同ターボ(最高出力185ps/最大トルク26.8kgm)、および2.3L直4DOHC NA(最高出力150ps/最大トルク21.4kgm)に加え、新たにオペル製の2.5L V6DOHC NA(最高出力170ps/最大トルク23.1kgm)が用意されました。

トランスミッションは5速MTと4速トルコン式ATのほか、ターボ車には「センソニック」と呼ばれる電子制御アクチュエーター方式の5速セミATが設定されました。また、フロントがベンチレーテッド型となる4輪ディスク・ブレーキやラック&ピニオン式のステアリング形式は先代と共通ながら、自社製からオペル製に変更されていました。

カブリオレとクーペを追加

サーブ 900 SE Turbo Convertible (2代目 1994)

一方インテリアは、夜間にスピードメーターをのぞく各メーターの照明を任意にオン・オフできる「ブラックパネル」が採用されたことが特徴でした。グレード体系は、標準グレード「S」と上級グレード「SE」の2タイプのラインナップでした。その後翌1994年に2ドアカブリオレが1年遅れでフルモデルチェンジを受け、ラインナップに加わりました。

それと同時に、「クーペ」と呼ばれる3ドアハッチバックも追加されました。そして1998年にマイナーチェンジが実施され、車名が「9-3」に変更されました。日本市場への初上陸は1993年10月で、当初はNAエンジン搭載モデルのみのラインナップでした。その後、1994年10月にクーペとカブリオレが追加されました。

さらに1995年10月には、ターボエンジン搭載の「ターボクーペ」が追加されました。そしてモデル末期の1998年2月、5ドアの特別仕様車「タラデガ」が設定されました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

900時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ