スマート フォーフォー (2代目 2014-):ルノーとの共同開発により8年ぶりに復活 [W453]

スマート フォーフォー (2代目 2014-)

ダイムラー100%出資の子会社「smart」は、2014年10月にヨーロッパ市場において4人乗りのコンパクトカー「スマート・フォーフォー」を発売しました。同時期にデビューした2人乗りの3代目「スマート・フォーツー」とともに、フランスのルノーとの共同開発により誕生したモデルで、初代フォーフォーが2006年に生産終了となって以来8年ぶりの復活となりました。

姉妹車種トゥインゴと異なる意匠を採用

スマート フォーフォー (2代目 2014-)

車体の構造は、初代フォーフォーやフォーツーなどと同様、「トリディオンセーフティセル」と呼ばれる高剛性フレームと樹脂製ボディパネルの組み合わせが採用されました。プラットフォームは「ルノー・トゥインゴ」と共通で、ボディタイプもそれと同様に5ドアハッチバックのみの設定でした。スタイリングは、基本的なフォルムはトゥインゴと類似しているものの、フロントまわりやリアまわりなどは異なる造形が採用されました。

スマート フォーフォー (2代目 2014-)

ボディ・ディメンションは全長3,495mm×全幅1,665mm×全高1,554mm、ホイールベース2,494mmで、トゥインゴとは若干異なっていました。また、基本設計を共有するフォーツーとの比較では、全長およびホイールベースが700mmほど長く設定されていました。サスペンション形式は、トゥインゴやフォーツーと共通のフロント:マクファーソンストラット式/リア:ド・ディオン式が採用されました。

パワートレインはトゥインゴなどと共通

スマート フォーフォー (2代目 2014-)

また、RRの駆動方式や搭載されるパワートレインもトゥインゴやフォーツーと共通でした。エンジンのラインナップは、当初ガソリン0.9L直3ターボ(最高出力90ps/最大トルク13.8kgm)および同1L直3 NA(最高出力71ps/最大トルク9.3kgm)の2種類が用意されました。組み合わせられるトランスミッションは、5速MTまたは「トウィナミック」と呼ばれる6速DCTでした。

スマート フォーフォー (2代目 2014-)

ブレーキはフロントがディスク式、リアがドラム式で、ステアリング形式はパワーアシスト付きのラック&ピニオン式でした。また、インパネの意匠はフォーツー同様にポップなイメージでまとめられていました。安全装備面では、衝突の危険性を感知した際に警告する「衝突警告音機能」や、横風の影響を軽減する「クロスウインドアシスト」などが採用されました。

高性能版のブラバス仕様を追加

その後2016年に、専用の内外装や足回りなどが備わるボディに、0.9Lターボエンジンのアウトプットを最高出力109ps/最大トルク17.3kgmまで高めて搭載するホットハッチ「BRABUS(ブラバス)」が追加されました。日本市場においては、2015年10月にまず1L NAエンジン+6速DCT搭載の「パッション」および「プライム」が上陸を果たしました。

次いで2016年8月に0.9Lターボエンジン+6速DCT搭載の「ターボ」が、追って12月には「BRABUSエクスクルーシブ」が追加されました。

コンパクトカー購入検討中なら、こちらもチェック!

ヤリス値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価|新車購入ガイド
ヤリスの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ ヤリスの新車購入...
フィット 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価
フィットの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどホンダ 新型フィットの...
ノート e-POWER 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
ノート e-POWERの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなど日産ノー...
新型ルーミー/カスタム 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
ルーミー/ルーミーカスタムの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどルー...
ライズ値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価
ライズの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ 新型ライズの新車...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

スマート
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ