スマート クロスブレード (2001-2006):ルーフやウィンドウを持たないレジャービークル [W450]

スマート クロスブレード (2001-2006)

スイスの時計メーカーであるスウォッチとダイムラー・ベンツ(現:ダイムラー)により設立された合弁会社「MCC」は、2001年に同社の第一弾モデル「スマートクーペ/カブリオ」から派生した「スマートクロスブレード」を全世界2000台限定発売しました。スマートカブリオをベースに、ルーフやウィンドウ、ドアを省いたレジャー志向の強いモデルでした。

独自の安全対策を実施

「トリディオンセーフティセル」と呼ばれる高剛性フレームを踏襲する2ドア・2シーター仕様のボディは、フロントウィンドウの代わりに高さを抑えたウィンドウリフレクターが、ドアの代わりに乗員を保護するためのサイドセーフティバーが備わっていました。また、転倒時の安全対策として固定式のロールバーも備わっていました。

そのほか、フロントマスクの意匠などはクーペ/カブリオと共通のファニーなイメージが踏襲されました。ボディサイズは全長2,622mm×全幅1,618mm×全高1,508mmで、クーペ/カブリオから全長と全幅が拡大された一方、全高は低められていました。ホイールベースは同一の1,812mmで、フロント:ダンパーストラット式/リア:ド・ディオン式のサスペンション形式も共通でした。

MCC smart crossblade meeting in Japan 2011

チューンナップ版エンジンを搭載

同じくリアに搭載されるエンジンは、0.6L直3SOHCガソリンターボが採用されました。アウトプットはクーペ/カブリオレに搭載される標準仕様(最高出力45psまたは55ps)から大幅に強化され、最高出力70ps/5,470rpm・最大トルク10.1kgm/3,210rpmとなっていました。トランスミッションはクーペ/カブリオ同様、シングルクラッチ式AMT(2ペダルMT)の「ソフタッチ」が組み合わせられました。

ブレーキはフロント:ディスク式/リア:ドラム式が踏襲され、ステアリング形式も同様にパワーアシストなしのラック&ピニオン式でした。一方、タイヤは大幅にワイド&扁平化が図られ、フロントに195/40R16、リアに215/35R16が装着されました。また、ホイールも3本スポークタイプの専用アルミホイールが採用されました。

室内は防水対策を実施

スマート クロスブレード (2001-2006)

安全装備面でもぬかりはなく、クーペ/カブリオ同様にSRSデュアルエアバッグシステムやシートベルトプリテンショナー&フォースリミッター、ABS、トラクションコントロールが標準装備されました。一方室内は、ルーフが備わらないゆえの防水対策として、撥水素材のシートや樹脂製一体型フロアパネルなどが採用されました。

また、ステアリングホイールはレザー製で、快適装備としてマニュアルエアコンやAM/FMラジオ付カセットステレオが装備されました。日本市場においては、2002年5月、2003年1月、2004年4月の3度にわたり受注が行われました。

コンパクトカー購入検討中なら、こちらもチェック!

ヤリス値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価|新車購入ガイド
トヨタ 新型ヤリスの新車購入に必要な情報を完全ガイド。新型ヤリスの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、ヤリス...
フィット 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価
ホンダ 新型フィット/フィット ハイブリッドの新車購入に必要な情報を完全ガイド。新型フィットの値引き情報や納期、...
ノート/e-POWER 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
日産ノート/e-POWERの新車購入に必要な情報を完全ガイド。ノート/e-POWERの値引き情報や納期、見積もり...
新型ルーミー/タンク 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
トヨタ 新型ルーミー/タンクの新車購入に必要な情報を完全ガイド。新型ライズの値引き情報や納期、見積もり例、競合車...
ライズ値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価
トヨタ 新型ライズの新車購入に必要な情報を完全ガイド。新型ライズの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、ライズ...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

スマート 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
びぃくるずをフォローする
びぃくるず