スマート ロードスター/クーペ(2003-2006):フォーツーのコンポーネンツを流用したスポーツカー

スマート ロードスター 2003

ダイムラー・クライスラー(現:ダイムラー)100%出資の子会社「smart」は、2003年にW450型「スマート・フォーツー」をベースとしたスポーツカー「スマート・ロードスター」および「スマート・ロードスタークーペ」を発売しました。前者が電動ソフトトップが備わるセミオープンモデル、後者がフィクスドヘッドボディのクーペで、いずれもフォーツーの基本コンポーネンツが流用されました。

長く低いフォルム

スマート ロードスター 2003

車体の構造は、フォーツー同様「トリディオンセーフティセル」と呼ばれる高剛性フレームと樹脂製ボディパネルの組み合わせでした。スタイリングは背の高いワンモーションフォルムを持つフォーツーとは対照的に、低く構えたスポーツカー然としたフォルムが採用されました。ボディサイズは全長3,427mm×全幅1,615mm×全高1,207mmで、フォーツーよりも遥かに長く低いディメンションでした。

スマート ロードスター 2003

また、ホイールベースも500mm以上長い2,360mmに設定されていました。車両重量はロードスターが790kg、ロードスタークーペが815kgで、いずれもフォーツーからは増加していたものの、絶対的には依然として軽量でした。駆動方式はRRを踏襲し、リアに搭載されるエンジンは0.7L直3SOHCターボのチューンナップ版(最高出力82ps/5,250rpm・最大トルク11.2kgm/2,250rpm)が採用されました。

スマート クーペ 2003

トランスミションはフォーツー同様、「ソフタッチ」と呼ばれるシングルクラッチ式6速AMT(2ペダルMT)が組み合わせられ、最高速度175km/h(ロードスター)・180km/h(クーペ)、0-100km/h加速10.9sの性能を発揮しました。サスペンション形式は、フォーツー同様のフロント:ストラット式/リア:ド・ディオン式が踏襲され、ブレーキも同様にフロントにディスク式、リアにドラム式が採用されました。

高性能版のブラバスを追加

タイヤは前後で異なるフォーツーに対し前後共通のサイズで、ロードスターには185/55R15が、ロードスタークーペには205/45R16が装着されました。その後2004年に、専用の内外装や強化された足回りなどが備わるボディに、0.7Lターボエンジンを最高出力101ps/5,600rpm・最大トルク13.3kgm/2,500-5,300rpmまでチューンナップして搭載する「BRABUS(ブラバス)」がリリースされました。

スマート クーペ 2003

そして2006年をもって全車生産を終了、2代目以降には本車のようなスポーツモデルは設定されなかったため、1代限りの希少な存在となりました。日本市場においては、2003年9月にロードスター/ロードスタークーペが同時に上陸を果たしました。いずれもフォーツー同様、右ハンドル仕様のみの設定でした。

スマート ロードスター 2006

次いで2004年6月、BRABUSおよびクーペBRABUSが台数限定で導入されました。続いて2005年3月には、標準モデルをベースに仕様向上を図った特別仕様車「リミテッド」が設定されました。

コンパクトカー購入検討中なら、こちらもチェック!

ヤリス値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価|新車購入ガイド
ヤリスの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ ヤリスの新車購入...
フィット 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価
フィットの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどホンダ 新型フィットの...
ノート e-POWER 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
ノート e-POWERの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなど日産ノー...
新型ルーミー/カスタム 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
ルーミー/ルーミーカスタムの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどルー...
ライズ値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価
ライズの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ 新型ライズの新車...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

スマート 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ