1970年代

スポンサーリンク
トヨタ

トヨタ カローラ (3代目 1974-1979):先代からのキープコンセプトで排ガス規制対応に注力 [E3♯]

1966年に初代モデルが発売されたトヨタの大衆車「カローラ」は、1974年4月実施の4年ぶり2度目のフルモデルチ...
トヨタ

トヨタ カローラ (4代目 1979-1987):先代からリアサスペンションやブレーキをアップグレード [E7♯]

1966年に初代モデルが発売されたトヨタの大衆車「カローラ」は、1979年3月に5年ぶり3度目のフルモデルチェン...
日産

日産 バイオレット (初代 1973-1977):510型ブルーバードの後継車種としてデビュー [710]

日産自動車は1971年8月に4代目「ブルーバード」となる「ブルーバードU(610型)」をリリースしたものの、それ...
日産

日産 バイオレット (2代目 1977-1981):スタイリングを一新すると共に姉妹車種を設定 [A10]

1973年に日産店から510型「ブルーバード」の後継車種としてデビューした小型車「バイオレット」は、1977年5...
メルセデスベンツ

メルセデス・ベンツ W123 (1976-1985):扱い易いサイズを継承すると共にワゴンを追加

ダイムラー・ベンツ(現ダイムラーAG)は1976年、それまでのW114/115型(通称コンパクトクラス)に代わる...
マツダ

マツダ カペラ (初代 1970-1974):新開発のロータリーエンジンが用意された新型小型車 [SNA/SU2A/S122A]

マツダは東洋工業時代の1970年5月、「ファミリア」と「ルーチェ」の間を埋める新型小型乗用車「カペラ」を発売しま...
マツダ

マツダ カペラ (2代目 1974-1978):先代から基本設計を踏襲しつつ排ガス規制に適合 [CB12S]

1970年に「ファミリア」と「ルーチェ」の間を埋める小型乗用車としてデビューしたマツダ(当時は東洋工業)の「カペ...
マツダ

マツダ カペラ (3代目 1978-1985):内外装を一新すると共にレシプロ車のみに [CB]

1970年に「ファミリア」と「ルーチェ」の間を埋める小型乗用車として登場したマツダ(当時は東洋工業)の「カペラ」...
トヨタ

トヨタ スプリンターリフトバック (3代目 E60 1976-1979):新鮮なテイストの和製シューティングブレーク

1968年にデビューしたトヨタの大衆車「スプリンター」は、姉妹車種の「カローラ」と共に1974年4月に2度目とな...
トヨタ

トヨタ カローラレビン/スプリンタートレノ (初代 1972-1974):1.6Lエンジンを搭載するカローラ/スプリンターのホットモデル [TE27]

トヨタは1972年3月に、2代目「カローラ」及び「スプリンター」をベースにした高性能モデル「カローラレビン」と「...
スポンサーリンク