トヨタ マークⅡ (5代目 1984-1997):キープコンセプトで手堅くモデルチェンジ [X70]

トヨタ マークⅡセダン Grande Twin Cam 24 (5代目 1984-1997)

1968年に「コロナ」と「クラウン」の間を埋めるハイオーナーカーとしてトヨペット店より初代モデルがデビューした「コロナマークⅡ」は、1984年8月に4度目のフルモデルチェンジを受け5代目モデルに移行しました。車名からコロナの冠名が消え「マークⅡ」となったものの、モデルチェンジの内容自体はキープコンセプトによる手堅いものでした。

直線基調のスタイリングを踏襲

トヨタ マークⅡセダン ハードトップ Grande (5代目 1984-1997)

ボディタイプはまず4ドアセダンと4ドアハードトップが登場し、同年11月にステーションワゴンとバンがラインナップに加わりました。スタイリングは直線基調のボディラインが踏襲された他、セダンには先代同様6ライトウィンドウが採用されました。セダンのボディサイズは先代と実質的に同等の全長4,560~4,630mm×全幅1,690mm×全高1,415mmで、ホイールベースは僅かに長い2,660mmでした。

トヨタ マークⅡセダン ハードトップ Grande (5代目 1984-1997)

サスペション形式はフロント:マクファーソンストラット式/リア:5リンク・リジッド式又はトレーリングアーム独立懸架式が踏襲され、駆動方式も同様にFRが採用されました。セダン/ハードトップのエンジン・ラインナップは、ガソリンは当初全て先代からのキャリオーバーで、1.8L直4SOHCの1S-U型、2L直6SOHCの1G-EU型、同DOHCの1G-GEU型、同SOHCターボのM-TEU型の4種類でした。

トヨタ マークⅡセダン ハードトップ Grande (5代目 1984-1997)

最高出力/最大トルクも先代とほぼ同等で、それぞれ100ps/15.5kgm、130ps/17.5kgm、160ps/18.5kgm、145ps/21.5kgmでした。そしてディーゼルは、ターボは2.4L直4SOHCの2L-T型(最高出力96ps/最大トルク19.5kgm)がキャリオーバーされ、NAは先代のL型(排気量2.2L)から2L-TのNA版である2L型(最高出力83ps/最大トルク17kgm)に置換されました。

5代目マークⅡのCM (1984)

1984年 トヨタマークII cm

ツインカムターボ車を追加

トヨタ マークⅡセダン ハードトップ Grande (5代目 1984-1997)

一方、ワゴンは1G-EU型のみ、バンは1.8L直4OHVの2Y-U型(最高出力79ps/最大トルク14.3kmg)のみの設定でした。トランスミッションは先代同様、4速/5速MTと3速/4速トルコン式ATが設定されました。そして1985年10月の一部改良で仕様向上が図られると共に、ハードトップに2L直6DOHCターボの1G-GTEU型エンジン(最高出力185ps/最大トルク24kgm)を搭載する「GT-TWINTURBO」が追加されました。

トヨタ マークⅡセダン ステーションワゴン (5代目 1984-1997)

それに伴い、M-TEU型エンジン搭載の「グランデ・ターボ」は廃止されました。次いで1986年8月のマイナーチェンジで、内外装デザインの変更や足回りのセッティング変更などが実施されました。そして1988年8月、セダン/ハードトップがフルモデルチェンジを受け6代目X80型に移行し、ワゴン/バンはフェイスリフトのみで販売が継続されました。

同時に、ワゴンのエンジンが2L直6DOHCの1G-FE型(最高出力135ps/最大トルク18kgm)に置換されました。次いで1993年2月の一部改良で、バンのエンジンが2L直4OHVの3Y-E型(最高出力97ps/最大トルク16.3kgm)に置換されました。そして1996年8月に全車に運転席SRSエアバッグシステムが標準装備された後、翌1997年3月にワゴン/バン共に生産終了となりました。

ワゴンの後継モデルは「マークⅡクオリス」で、バンは直接的な後継モデルは発売されず「カルディナバン」に統合されました。

先代モデル:4代目コロナマークⅡ

トヨタ コロナマークⅡ (4代目 1980-1984):4ドアハードトップやターボ車・ツインカム車を設定 [X60]
1968年に「コロナ」と「クラウン」の間を埋めるハイオーナーカーとしてトヨペット店より初代モデルがデビューした「...

後継モデル:6代目マークⅡ

トヨタ マークⅡ (6代目 1988-1995):ガソリンエンジンのラインナップを一新し足回りを変更 [X80]
1968年に「コロナ」と「クラウン」の間を埋めるハイオーナーカーとしてトヨペット店より初代モデルがデビューした「...

トヨタのセダン購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

マークX 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
ビークルズをフォローする
ビークルズ