ランボルギーニ LM002 (’86-’93):ランボルギーニ初のオフロード4WD

シェアする

ランボルギーニ LM002 1990-92

ランボルギーニ LM002 1990-92 (出典:favcars.com)

ランボルギーニは1977年、米軍向けに初のオフロード型4輪駆動車となる「チーター」を開発したものの、採用はされずプロジェクトは失敗に終わりました。それから4年後の1981年のジュネーブモーターショーで、チーターをベースに民生用にモデファイしたプロトタイプ「LM001」を公開しました。更に翌1982年にLM001を大幅に手直しした「LM002」を発表し、1986年に市販が開始されました。

リアエンジンからフロントエンジンに

車体はチューブラフレームとFRP製アウターパネルから構成され、サスペンションは4輪ダブルウィッシュボーン/コイル式による4輪独立懸架が採用されました。エンジンの搭載位置は、チーターやLM001がリアであったのに対し、LM002では操縦安定性を向上させる為フロントに移動されました。駆動方式はチーター/LM001同様パートタイム4WDで、フロント/センター/リアの各デフにLSDが装備されました。

ランボルギーニ LM002 1990-92

ランボルギーニ LM002 1990-92 (出典:favcars.com)

スタイリングは、チーターやLM001の雰囲気を色濃く受け継ぐ角張った無骨なもので、チーター/LM001ではエンジンが搭載されていた4人乗りキャビンの後方部分は、4人分の補助シートが備わる荷台に変更されました。又、新たにエンジンが備わったフロントフード上には、キャブレターのスペースをクリアする為に巨大なパワーバルジが備わりました。

カウンタック用のエンジンを搭載

ボディサイズは全長4,900mm×全幅2,000mm×全高1,850mmという巨大なもので、ホイールベースは3,000mm、車両重量は2,700kgに達しました。搭載されたエンジンは、LM001ではAMC製5.9L V8若しくは「カウンタックLP500S」用の4.7L V12 24バルブであったのに対し、「カウンタック5000QV」用の5.2L V12 48バルブユニットをオフロード走行に適するよう仕様変更したものに変更されました。

ランボルギーニ LM002 1990-92

ランボルギーニ LM002 1990-92 (出典:favcars.com)

スペックは最高出力450hp/6,800rpm・最大トルク51kgm/4,500rpmで、LM001の3速トルコン式ATから5速MTに変更されたトランスミッションを介しての最高速度は、206km/hに達しました。LM001の160km/h(5.9L V8)/180km/h(4.7L V12)からは、大幅な性能向上を果たしました。その一方で、LM001では4輪ベンチレーテッドディスク式であったブレーキは、リアがドラム式にダウングレードされました。

ランボルギーニ LM002 1990-92

ランボルギーニ LM002 1990-92 (出典:favcars.com)

室内は、運転席と助手席の間に巨大なセンターコンソールが備わり、シートやトリムには本革が奢られました。又、エアコンやオーディオシステムが装備されるなど、ラグジュアリーな仕様でした。派生モデルとしては、リアオーバーハングを延長しハイルーフ化した「LM002ブルネイ」や、電子燃料噴射仕様エンジンを搭載し専用の内外装が備わる「LM002アメリカン」が存在しました。

ランボルギーニ LM002 1990-92

ランボルギーニ LM002 1990-92 (出典:favcars.com)

LM002は1993年に生産を終了し、後継モデルとして3.6Lディーゼルターボエンジンを搭載する「LM003」や、7L V12エンジンを搭載する「LM004」が制作されたものの、プロトタイプのみに留まり市販化される事なく終わりました。

人気のSUVを購入検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK