マツダ コスモ AP/L (2代目 ’75-’81):ラクジュアリー指向に変身しマツダの救世主に [CD23C/22C/2VC]

シェアする

マツダ コスモAP '75

マツダ コスモAP ’75 (出典:favcars.com)

マツダは、初代「コスモスポーツ」を生産終了してから3年後の1975年10月に、後継モデルとなる「コスモAP」を発売しました。オイルショックや排気ガス規制により、高性能なスポーツカーやGTカーを取り巻く環境が厳しくなっていた時代に、再びコスモの名を冠したスポーティカーが登場した事は画期的な出来事でした。

5人乗りクーペに変身

ボディは、2シーターのピュアスポーツカースタイルだったコスモスポーツとは異なり、後席を備える乗車定員5人の2ドアクーペに生まれ変わりました。ボディサイズは全長4,545mm×1,685mm×全高1,325mmで、コスモスポーツよりも二回り程大きい堂々たるサイズとなりました。スタイリングは、丸目4灯式のフロントマスクを備える流麗なファーストバックで、太いBピラーにウィンドウが備わるのが特徴でした。

マツダ コスモAP '75

マツダ コスモAP ’75 (出典:favcars.com)

駆動方式は、コスモスポーツに引き続きFRで、サスペンションは前マクファーソンストラット式/後4リンク式のオーソドックスな形式が採用されました。エンジンは、発売当初は654cc×2ローターの13B型、573cc×2ローターの12A型の2種類のロータリーエンジンの他、エントリーグレード用として1.8Lレシプロエンジンが用意されました。トランスミッションは、5速/4速MTと3速トルコン式ATが用意されました。

マツダ コスモAP '75

マツダ コスモAP ’75 (出典:favcars.com)

高性能かつラクジュアリー

最高出力と最大トルクは、13B型が135ps/19kgm、12A型が120ps/16kgm、1.8Lが100ps/15.2kgmでした。13B型エンジン搭載モデルの動力性能は、最高速度195km/h、0-400m加速15.9sというコスモスポーツ後期型に肉薄するもので、200kg以上も重くなった1,220kgの車両重量や排気ガス規制をクリアしている事を考慮すれば、立派な数値と言えました。

マツダ コスモAP '75

マツダ コスモAP ’75 (出典:favcars.com)

インテリアは、5連メーターが並ぶダッシュボードやステアリング、シフトノブにウッドが使用され、明るい色合いの内装色と相まって、ラクシュアリーな雰囲気を醸していました。その後、1977年3月に2Lレシプロエンジン(最高出力110ps/最大トルク17kgm)搭載モデルが、次いで同年7月には派生モデル「コスモL」が追加されました。

マツダ コスモAPのCM

派生モデル追加とマイナーチェンジ

コスモLは、「ランドウトップ」と呼ばれるノッチバックボディを架装し、ネオクラシカルな雰囲気が特徴でした。同時に、テールランプのデザインが標準モデルの異形タイプから長方形タイプに変更されました。スタイリングのまとまりの面ではややアンバランスな印象になったものの、後席のヘッドクリアランスが向上する実利的なメリットもありました。

マツダ 121 (海外仕様) (出典:wikipedia.org)

マツダ 121 (海外仕様) (出典:wikipedia.org)

そして、1979年9月に両モデル共にマイナーチェンジを実施し、フェイスリフトによりヘッドライトが角目4灯式に変更された他、13B型エンジンが希薄燃焼化され、燃費性能が大幅に改善されました。それと共に、12A型エンジンと1.8Lエンジンはカタログ落ちし、ラインナップの単純化が図られました。

コスモAP/Lは、少数の生産に留まったコスモスポーツとは異なり、高級スポーティカーとしては販売が好調でした。オイルショックにより燃費性能に難のあるロータリーエンジンに逆風が吹き、経営状態が厳しくなっていたマツダにとって、救世主的な存在となりました。

人気車を購入検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK