日産 シルビア (7代目 S15 1999-2002):5ナンバーサイズに戻しSR20DETは250psに。ラストモデルとなったシルビア

日産 シルビア '99-'02

日産 シルビア ’99-’02

日産のスペシャリティカー「シルビア」は、1999年1月のフルモデルチェンジにより7代目となり、結果的にこれがシルビア最後のモデルとなりました。先代となる6代目シルビア(S14)のボディ拡大戦略が好感を持たれなかったと判断し、その反省を踏まえ再び5ナンバーサイズにダウンサイジングすると共に、走行性能も更に向上させました。

サイズ・デザイン共に引き締まったボディ

ボディサイズは全長4,445mm×全幅1,695mm×全高1,285mmで、全ての項目において先代よりも縮小され、5代目シルビア(S13)に近い大きさとなりました。スタイリングは、2ドアクーペのボディ形状を基本的に踏襲しつつ、従来のノッチバックからセミファーストバックに変化すると共に、低いノーズと彫刻的な造形により、先代よりも動的かつ引き締まった印象となりました。

日産 シルビア '99-'02

日産 シルビア ’99-’02

又、トレッドと2,525mmのホイールベースは先代と同一であった為、相対的にタイヤを4隅に踏ん張ったような安定感あるプロポーションが実現しました。サスペンションは、先代同様の前ストラット式/後マルチリンク式を改良したものを採用し、4輪操舵システム「電動SUPER HICAS」搭載グレードも引き続き設定されました。車両重量は先代よりやや重くなり、1,200kg~1,270kgとなりました。

エンジンをパワーアップし、6速MTも設定

日産 シルビア '99-'02

日産 シルビア ’99-’02

エンジンは、先代から2L直4DOHCのSR20DE型(NA)及びSR20DET型(ターボ)を踏襲しつつ、改良によりパワーアップが図られました。トランスミッションは、NA車には従来同様の5速MTと4速トルコン式ATが、ターボ車にはシルビア初の6速MTと4速トルコン式ATが用意されました。最高出力と最大トルクは、NAのMT車が165ps/19.6kgm、同AT車が160ps/19.2kgm、ターボのMT車が250ps/28kgm、同AT車が225ps/28kgmでした。

日産 シルビア '99-'02

日産 シルビア ’99-’02

駆動方式は、伝統のFRが踏襲されました。ブレーキはフロント/ベンチレーテッドディスク式、リア/ディスク式を踏襲しつつ、ブースターのサイズアップにより剛性感を向上させた他、ターボ車にはフロントに対抗4ピストン式が採用されました。その他の装備では、MT車の一部グレードにヘリカルLSDが装備された事や、ターボ車のAピラーにブースト計が装備された事が特徴でした。

日産シルビアS15のCM

NISSAN SILVIA S15 CM

限定モデルとカブリオレを追加

1999年10月に、日産系子会社「オーテックジャパン」がチューニングを手掛けた「オーテックバージョン」が追加されました。NAのSR20DE型エンジンを最高出力200ps/最大トルク21.8kgmまでチューンナップして搭載すると共に、ターボ車同様の6速MTやフロントブレーキなどを採用したモデルでした。車両重量は1,200kgでした。

日産 シルビア オーテックバージョン '99

日産 シルビア オーテックバージョン ’99

次いで2000年5月に、国産車初の電動リトラクタブルハードトップを採用したコンバーチブル「ヴァリエッタ」が追加されました。搭載されるエンジンはNAのみで、5速MTと4速ATが用意される点はクーペと同様でした。装備面では、前席シートヒーターがオプション設定された事がクーペとの相違点でした。ボディ補強に伴い車両重量は100kg以上増加し、1,330kg~1,360kgとなりました。

日産 シルビア ヴァリエッタ '00

日産 シルビア ヴァリエッタ ’00

7代目シルビアは、ベストセラーであった5代目シルビア(S13)に類似したボディサイズやスタイリング、そして磨きが掛かった走行性能が好評を博し、先代である6代目シルビア(S14)と比較すると販売は好転しました。しかし、スペシャリティカー市場の縮小や平成12年度排気ガス規制の影響により、登場から4年足らずの2002年8月に生産を終了し、1965年から始まったシルビアの歴史に終止符が打たれました。

先代モデル:6代目シルビア

日産 シルビア (6代目 S14 1993-1998):サイズアップとマイルドなデザインに。後期は大幅フェイスリフト
日産のスペシャリティカー「シルビア」は、1993年10月に5年ぶりとなるフルモデルチェンジを実施し、6代目となり...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

シルビア
スポンサーリンク
ビークルズをフォローする
ビークルズ