日産 シルビア (4代目 S12 1983-1988):リトラを装備。プレリュードとの対決に苦戦

日産 シルビア クーペ '83-'88

日産 シルビア クーペ ’83-’88

日産のスペシャリティカー「シルビア」は、1983年8月に5年ぶりとなるフルモデルチェンジを実施し、4代目となりました。直線的なスタイリングを先代から踏襲しつつ、エンジン性能の向上や足回りの刷新など、着実な改良により完成度が高まったモデルとなりました。

リトラクタブルヘッドランプを採用。足回りを改良

ボディサイズは全長4,430mm×全幅1,660mm×全高1,330mmで、先代と大きく変わらないサイズが維持されました。車両重量はグレードによる差が大きくなり、960kg~1,170kgとなりました。スタイリングは、先代同様のシャープなボディラインを踏襲しつつ、新たにリトラクタブルヘッドランプを採用した事で、フロント廻りがよりスマートなデザインとなりました。ボディ形状は、先代同様2ドアノッチバックと3ドアハッチバックの2種類が用意されました。

先代と異なるのは、センターピラーが備わるクーペとなった事でした(先代はBピラーレスのハードトップ)。又、プラットフォームが刷新され、ホイールベースが25mm延長され2,425mmとなりました。サスペンションは、フロントのマクファーソンストラット式は同一ながら、4リンク式のリジッドだったリアサスペンションが、セミトレーリングアーム式の独立懸架となりました。ブレーキは、4輪ディスク式が踏襲されました。

日産 シルビア クーペ '83-'88

日産 シルビア クーペ ’83-’88

 

エンジンのラインナップを刷新

エンジンは、1.8Lと2Lが用意される点は先代と同一ながら、1.8L車のエンジンが従来のZ型に変わり、新設計された直4SOHCのCA型に置き換えられました。バリエーションは、キャブレター仕様のCA18S型(最高出力100ps/最大トルク15.2kgm)、燃料噴射仕様のCA18E型(最高出力110ps/最大トルク16.5kgm)、燃料噴射+ターボのCA18E-T型(最高出力135ps/最大トルク20kgm)の3種類が用意されました。

日産 シルビア ハッチバック '83-'88

日産 シルビア ハッチバック ’83-’88

又、2L車もZ型はラインナップから外され、先代の途中から加わった直4DOHCのFJ20型に一本化されました。バリエーションは、NAのFJ20E型(最高出力150ps/最大トルク18.5kgm)とターボのFJ20ET型(最高出力190ps/最大トルク23kgm)の2種類で、1.8Lモデルと併せ都合5種類のラインナップが揃う事となりました。トランスミッションは5速MT及び4速トルコン式ATで、駆動方式はFRが踏襲されました。

日産 シルビア ハッチバック '83-'88

日産 シルビア ハッチバック ’83-’88

装備面では、国産車初のチルトアップ機構付電動ガラスサンルーフやドライブガイドシステム、キーレスエントリーシステムが採用されるなど、先代に引き続き優れたアメニティが備わる事が特徴でした。1986年2月にマイナーチェンジを実施し、フェイスリフトを行うと共に、2L車が廃止され1.8L車に一本化されました。同時に、トップグレードに新たにDOHC+ターボのCA18DET型エンジン(最高出力160ps/最大トルク21.5kgm)が搭載されました。

日産 シルビア クーペ '83-'88

日産 シルビア クーペ ’83-’88

4代目シルビアは、動力性能の向上やロードホールディングの改善などによりスポーティカーとしての魅力度が高まったものの、時流を捉えきれず、デートカー路線でヒットした先代ほどの人気は得られませんでした。

先代モデル:3代目シルビア

日産 シルビア (3代目 S110 1979-1983):4灯ライトのプレーンなスタイリングに変身。クーペブームの一翼を担う
日産のスペシャリティカー「シルビア」は、1979年3月にフルモデルチェンジを実施し、3代目となりました。個性的な...

後継モデル:5代目シルビア

日産 シルビア (5代目 S13 1988-1993):歴代で最も売れた「アートフォース・シルビア」
日産のスペシャリティカー「シルビア」は、1988年5月に5年ぶりとなるフルモデルチェンジを実施し、5代目となりま...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

シルビア
スポンサーリンク
ビークルズをフォローする
ビークルズ