マツダ エチュード (’87-’90):6代目ファミリアがベースのスペシャリティカー [BFMP]

シェアする

mazda_etude_1987_2

マツダは1987年1月、1985年のフルモデルチェンジにより6代目BF型となった大衆車「ファミリア」をベースとしたスペシャリティカー「エチュード」を発売しました。「アーバン・チューンド」をキャッチフレーズに都市に生活する若者をターゲットとして開発され、独自のテイストが備わるスタイリングをセリングポイントとしました。

フラッシュサーフェスボディを採用

ボディタイプは3ドアハッチバッククーペで、エクステリアはフロント廻りこそファミリアに類似したデザインながら、サイドからリアに掛けての「テラスバック」と呼ばれるフラッシュサーフェス処理と、リアエンドのスポイラー風デザイン処理により差別化が図られていました。

mazda_etude_1987_1

ボディサイズは全長4,105mm×全幅1,645mm×全高1,355mmで、ファミリア・3ドアハッチバックに対し全長が115mm長く、全高は35mm低いディメンションでした。ホイールベースはファミリアと同一の2,400mmで、サスペンション形式も4輪ストラット式独立懸架が踏襲されました。又、ブレーキは4輪ディスク式で、タイヤは185/60R14サイズが採用されました。

mazda_etude_1987_3

駆動方式はFFのみの設定で、ファミリアと異なりフルタイム4WDは用意されませんでした。エンジンは当初、ファミリアのスポーティグレード「スポルト16」にも搭載される1.6L直4DOHC16V NA仕様のB6型(最高出力110ps/最大トルク13.5kgm)のみのラインナップで、トランスミッションは5速MTとロックアップ機構付き4速トルコン式ATが設定されました。

mazda_etude_1987_5

一方インテリアは、インパネのデザインは基本的にファミリアと共通ながら、それとは異なる素材やメーターパネルの意匠の採用により差別化が図られていました。発売当初のグレード体系は下から「Li」「Si」「Gi」の3タイプで、装備面ではパワーステアリングやパワーウィンドウが全車に標準装備された他、オプションでアルミホイールやサンルーフなどが用意されました。

マツダ エチュードのCM

エントリーモデルを追加

ボディカラーは、標準でホワイト系/シルバー系/ブラック系/レッド系が設定された他、オプションで2トーンカラーも用意されました。そして翌1988年2月、1.5L直4SOHC NA仕様のB5型エンジン(最高出力76ps)を搭載するエントリーグレード「1500Sa」が追加されると共に、ボディカラーにブルー系/イエロー系が追加されました。

mazda_etude_1987_4

そして1989年3月にベースモデルのファミリアがフルモデルチェンジにより7代目BG型に移行した事を受け、翌1990年に生産終了となりました。直系の後継車種は発売されず、1989年4月にリリースされたBG型ファミリアがベースの5ドアハッチバックモデル「ファミリア・アスティナ」がユーザー層を受け持つ事となりました。

エチュードは、スペシャリティカーとしては華やかさに欠ける内外装や平凡な走行性能が災いして販売面では振るわず、およそ3年間での生産台数は1万台弱に留まりました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

[PR]

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます