三菱 ギャランΛ (ラムダ 初代 A12/13 ’76-’80):ギャランGTOの後を継いだスペシャリティカー

シェアする

三菱 ギャラン ラムダ Super Touring 1977

三菱 ギャラン ラムダ Super Touring 1977 (出典:favcars.com)

三菱自動車は1976年11月に、「ギャランGTO」及び「ギャラン・ハードトップ」の後継モデルとなる2ドアハードトップ「ギャランΛ」を発売しました。昭和51年排出ガス規制が適用された為性能面では平凡であったものの、アメリカ製スペシャリティクーペの影響を受けたスタイリングや、国産車初となる一本スポーク式ステアリングの採用などインパクトある内外装デザインが特徴でした。

個性的なディテール

三菱 ギャラン ラムダ Super Touring 1977 (出典:wikipedia.org)

三菱 ギャラン ラムダ Super Touring 1977 (出典:wikipedia.org)

エクステリア・デザインは、曲線が取り入れられていたギャランGTOやギャラン・ハードトップとは異なり、直線基調のシャープな雰囲気に纏められていました。又、角形4灯式ヘッドランプと大型バンパーを採用したフロントマスクや、サイドまで回り込んだ「ラップラウンドリアウィンド」、ロールバーをイメージした「ロールバールーフ」及びリアピラーなど、個性的なディテールを備えていました。

三菱 ギャラン ラムダ Super Touring 1977

三菱 ギャラン ラムダ Super Touring 1977 (出典:favcars.com)

ボディサイズは全長4,650mm×全幅1,675mm×全高1,330mmで、ギャランGTO/ハードトップから全長・全幅が大幅に拡大され、ホイールベースも100mm近く長い2,515mmに設定されていました。サスペンション形式は、フロントは従来同様のマクファーソンストラット式を踏襲し、リアはリーフ・リジッド式から4リンク/コイル・リジッド式に変更されました。

三菱 ギャラン ラムダ Super Touring 1977

三菱 ギャラン ラムダ Super Touring 1977 (出典:favcars.com)

ブレーキは4輪ディスク式が奢られた他、当時としてはワイドなタイヤを履く事も特徴でした。駆動方式はFRを踏襲し、エンジンは発売当初は昭和51年排出ガス規制に適合する2L直4SOHC の4G52型のみの設定でした。シングルキャブレター仕様とツインキャブレター仕様が用意され、スペックは前者が最高出力105ps/最大トルク15.5kgm、後者が最高出力115ps/最大トルク15.5kgmでした。

三菱 ギャランΛのCM

エンジン・ラインナップを拡大

三菱 ギャラン ラムダ Super Touring 1977

三菱 ギャラン ラムダ Super Touring 1977 (出典:favcars.com)

インテリアはラグジュアリーな雰囲気に仕上げられると共に、ラウンドした形状のインパネに6眼式メーターが備わるなど、スポーティなムードも併せ持っていました。そして1977年6月に、1.6L直4SOHCの4G32型エンジンを搭載するグレード「1600SL」及び「1600GS」が追加されました。前者がシングルキャブレター仕様、後者がツインキャブレター仕様でした。

三菱 ギャラン ラムダ GSR 1976

三菱 ギャラン ラムダ GSR 1976 (出典:favcars.com)

次いで1977年6月に、2Lシングルキャブレター車が昭和53年排出ガス規制に適合しました。続いて1978年3月に、カープラザ系列店よりエクステリアを一部変更した姉妹車種「ギャランΛエテルナ」が発売されました。追って翌4月、昭和53年規制に適合しない「1600GS」と「2000GSR」が廃止されました。次いで1979年5月に、2.6L直4SOHCのG54B型エンジンを搭載する「2600スーパーツーリング」が追加されました。

三菱 ギャラン ラムダ GSR 1976

三菱 ギャラン ラムダ GSR 1976 (出典:favcars.com)

そして1980年5月にフルモデルチェンジ実施され、2代目A16型にバトンタッチされました。

トヨタ車の買取り・下取り査定相場を知りたいなら

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK