フォルクスワーゲン 新型ポロ値引き2017年12月-納期/実燃費/価格の評価

シェアする

フォルクスワーゲン ポロ 2015

フォルクスワーゲン ポロ 2015

フォルクスワーゲン 新型ポロの値引き/納期/実燃費レポート

(2017年12月3日更新)

フォルクスワーゲンのBセグメントハッチバック車「ポロ」は、1975年に初代モデルがデビューし、2009年3月に発表された現行型で6代目となりました。優れた操縦安定性や乗り心地などトータルバランスの良さにより、このクラスのベンチマークとして世界中のメーカーから一目置かれる存在となっています。又、日本には同年10月から導入され、「ゴルフ」と並ぶ人気モデルとなっています。

フォルクスワーゲン 新型ポロの値引き相場

  • オプション含む平均値引き相場:22万円
  • 車両本体の値引き目標額:20万円

フォルクスワーゲン 新型ポロの値引き難易度:A

(A:甘い ~ E:厳しい)

モデルライフ末期にあり、値引きが引き出しやすいフォルクスワーゲン ポロ。国産のコンパクトハッチも質感が向上してきた為、国産コンパクトとの競合で値引き交渉するのも有効です。

新型ポロの納期:標準

  • 納期:1ヵ月~2ヵ月

ポロの値引き相場がわかったら、次にすべき事

フォルクスワーゲン クロスポロ 2015

フォルクスワーゲン クロスポロ 2015

「フォルクスワーゲン 新型ポロの値引き相場がわかった!すぐに商談に行く!」。しかし、焦りは禁物。商談を始める前に、今乗っている車の一括査定が必須です。

自分の車の相場を把握しておかずに商談に入ると、フォルクスワーゲン 新型ポロの魅力と「すぐ決めて頂ければ値引きを…」という甘い誘いに負け、下取り額に対してルーズになってしまい、買換え全体では損をする事になります。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットで今すぐできる「一括査定サービス」を使ってみましょう。複数社に査定してもらうと査定の差額は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら簡単な入力が完了するとすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに調べる 新型ポロを見に行って下取り査定を受ける前に、愛車の買い取り相場を調べておくのが失敗を防ぐ大きなポイントです。

btn_8190_600x100

フォルクスワーゲン ポロのグレード別 新車価格

ハイブリッド FF 2WD (1.5L+モーター)

グレード 燃料消費率 価格(税込)
TSI トレンドライン 22.2km/L 1,999,000円
TSI コンフォートライン 22.2km/L 2,269,000円
TSI ハイライン 22.2km/L 2,589,000円
クロスポロ 21.9km/L 2,799,000円
ブルーGT 21.5km/L 2,899,000円
ブルーモーション 23.4km/L 2,699,000円
プレミアムエディション 22.2km/L 2,249,000円
プレミアムエディション ナビパッケージ 22.2km/L 2,399,000円
オールスター 22.2km/L 2,459,000円

※価格は2016年7/16現在のメーカー小売希望価格(税込)です。最新の価格はメーカー公式HP、またはディーラーでご確認下さい。

btn_8190_600x100

フォルクスワーゲン ポロのグレード選び

パワートレイン

パワーユニットは、ガソリンエンジンのみで1.4L直4ターボ、1.2L直4ターボ、1.0L直3ターボの3種類。4WDは設定がなく、トランスミッションは全て7速DSG(DCTと同義)となります。

グレード

ガソリンモデルはベーシックグレードの「TSI トレンドライン」、中間グレードの「TSI コンフォートライン」、上級グレードの「TSI ハイライン」を基本として「クロスポロ」や「ブルーGT」など多彩なラインナップがあります。

価格帯

2WDでの価格は、「TSI トレンドライン」の1,999,000円から「ブルーGT」の2,899,000円までで、価格差は90万円となっています。

ポロの実燃費(2WD、2名乗車時の目安)

1.2Lターボエンジン車の実燃費

  • 高速道路中心の燃費:19~22km/L
  • 郊外・幹線道路の燃費:14~17km/L
  • 渋滞のある市街地の燃費:11~14km/L

btn_8190_600x100

フォルクスワーゲン ポロの競合はコレ!

ポロを安く購入する為には、前もって競合車種の見積もりを取っておきましょう。競合車種とポイントは以下の通りです。

ホンダ フィット/ハイブリッド

ホンダ フィットHV '16

ホンダ フィットHV ’16

ポロの競合として利用できるのは、2013年9月にフルモデルチェンジしたホンダ フィット/ハイブリッドです。コンパクトなボディながらパッケージングを工夫し、非常に広い室内空間を確保しています。

ハイブリッドにおいてもガソリンエンジン版と遜色ない室内空間を持っており、コンパクトカー市場ではトップクラスの実力と言えます。初期に頻発したリコールも落ち着き、買い頃となっています。値引きは緩くはないですが、競争の激しいカテゴリーなので、競合車をアピールして値引きを引き出しましょう。

マツダ デミオ/ディーゼル

マツダ デミオ XD Touring L Package'14

マツダ デミオ XD Touring L Package’14

グレードを超えた高い質感とデザインで、ドイツ車に最も近い日本車といえるのがマツダ デミオ。クラス唯一となるディーゼルエンジンを持ち、従来の国産コンパクトカーでは味わえなかったフィーリングが楽しめます。

2014年9月にフルモデルチェンジをして、2014年のカーオブザイヤーも受賞するなど人気車種で、発売当初は値引きがほとんどありませんでしたが、新車効果も一巡し値引きも緩みつつあります。

btn_8190_600x100

フォルクスワーゲン ポロ商談のすすめ方

ポロの値引きを引き出すにあたっては、上記のホンダ フィット、マツダ デミオの見積もりを事前に入手してから臨みましょう。他社ライバル車種や同じクラスの車種の見積もりを比較する事で、購入に対する本気度も伝わり、ポロの値引きを引き出し易くなります。

フォルクスワーゲン ポロの強みは?

高い完成度を誇るベーシックコンパクト

ゴルフがモデルチェンジによりサイズが大きくなり、ポロが日本の狭い道路では扱いやすいサイズになっています。

ポロは数モデル前のゴルフのサイズで、以前ゴルフに乗っていた人にちょうど良いサイズです。発売から年数が経過していますが、基本性能は未だに高い一台です。

フォルクスワーゲン ポロの弱点は?

内装デザインの古さ

継続したマイナーチェンジにより、パッと見の古さは感じないものの、2009年の発売から期間が経過し、内装デザインに少し古さを感じます。先日のフォルクスワーゲン社によるディーゼル不正問題もあり、大きな値引きが引き出せる状況にありますので、しっかりと値引き交渉をしましょう。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK