アウディ RS6 (初代 C5 2002-2004):A6をベースとした究極の高性能バージョンとして登場

アウディ RS6セダン (初代 C5 2002)

アウディAGは2002年に開催されたジュネーブ・モーターショーにおいて、Eセグメントの乗用車「A6」をベースとしたRSモデル、「RS6」を発表しました。すでに高性能版としてラインナップされていた「S6」をも上回るパフォーマンスを追求したモデルで、より強力なエンジンや独自の足回りが採用されました。

V8ツインターボエンジンを搭載

アウディ RS6セダン (初代 C5 2002)

ボディタイプは、4ドアセダンと「アバント」と呼ばれる5ドアステーションワゴンが用意されました。エクステリア・デザインは、これ見よがしな大袈裟なモディファイは施されず、フロントグリルの意匠変更や大型エアインテークの採用程度の差別化に留められていました。また、空力特性の指標となるCd値はセダンが0.34、アバントが0.35でした。

アウディ RS6セダン (初代 C5 2002)

ボディ・ディメンションは全長4,852~4,858mm×全幅1,850mm×全高1,387~1,430mm、ホイールベース2,759mmで、A6/S6に対しわずかに長く低いプロポーションとなっていました。駆動方式はS6同様フルタイム4WD「クワトロ・システム」のみの設定で、エンジンはS6に搭載される4.2L V8DOHC40バルブ仕様をベースにツインターボ化したものが採用されました。

アウディ RS6セダン (初代 C5 2002)

スペックは最高出力450ps/5,700-6,400pm・最大トルク57.1kgm/1,950-5,600rpmで、S6から100ps/14.3kgmの向上を果たしていました。トランスミッションはマニュアルモード付5速トルコン式AT「ティプトロニック」のみの設定で、パフォーマンスは最高速度こそリミッターの作動によりS6と同一の250km/hとなるものの、0-100km/h加速タイムは1.8s短い4.9sとなっていました。

足回りに独自の「DRC」を採用

アウディ RS6アバント (初代 C5 2002)

サスペンションは形式は、A6/S6と共通のフロント:4リンク式/リア:ダブルウィッシュボーン式ながら、専用チューニングが施されるとともに、対角線上のダンパーを連結制御して前後左右の揺れを軽減する「DRC(ダイナミック・ライド・コントロール)」が採用されました。ブレーキは前後ともベンチレーテッド・ディスク式で、タイヤはワイドかつ大径の255/35R19サイズが装着されました。

アウディ RS6アバント (初代 C5 2002)

安全装備面では、SRSデュアル&サイド&ヘッドレベルエアバッグシステムやEB付ABS、ESPなどが採用されました。また、快適装備としてDVDナビゲーション付マルチメディアステーションやBOSEサウンドシステムなどが標準装備されました。初代RS6/RS6アバントの生産は2004年をもって打ち切られ、それから4年後の2008年にC6系A6をベースとした2代目モデルがリリースされました。

日本市場においては、2003年2月にセダンとアバントが同時に初上陸しました。その後2004年7月に、アバントをベースに専用の内外装を与えた特別仕様車「プラス」がリリースされました。

スポーツカーを購入検討中なら、こちらもチェック!

GRスープラ値引き2021年4月-納期/実燃費/価格の評価
GRスープラの値引き/納期/実燃費レポート (2021年4月7日更新) トヨタのスポーツブランドGRから20...
マツダ ロードスター/RF 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
ロードスター/ロードスターRFの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなど...
ホンダS660 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
S660の値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどホンダ S660の新車...
コペン値引き2021年4月-納期/実燃費/価格の評価
ダイハツ コペン セロ/ローブ/XPLAYの値引き/納期/実燃費レポート (2021年4月7日更新) 200...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

A6シリーズ
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ