ダイハツ フェロー (初代 1966-1970):4輪独立懸架を採用した同社初の軽乗用車 [L37]

ダイハツ フェロー (初代 1966)

1960年に商用車「ハイゼット」により軽4輪車市場に参入したダイハツ工業は、1966年11月に同社の軽4輪自動車第2弾であると同時に、初の4輪乗用車ともなる「フェロー」を発売しました。全般的に手堅い設計でまとめられていた一方、足回りには先進的な4輪独立懸架が採用されました。また、追ってユニークなバギーモデルもラインナップに加えられました。

「プリズムカット」のスタイリングが特徴

ダイハツ フェロー (初代 1966)

ダイハツ フェロー デラックス (初代 1966)

ダイハツ フェロー スパーデラックス (初代 1966)

ボディタイプは、乗用モデルの2ドアセダンのほか、商用モデルの3ドアバンや2ドアピックアップトラックも生産されました。スタイリングは、「プリズムカット」と呼ばれる直線基調のスクエアなフォルムが採用されたほか、当時の国産車として唯一の角型2灯式ヘッドランプが備わっていました。ボディサイズは、当時の軽自動車規格に準じた全長2,990mm×全幅1,285mm×全高1,350mmでした。

ダイハツ フェローバン スーパーデラックス (初代 1967)

ダイハツ フェローバン スーパーデラックス (初代 1967)

駆動方式は、ライバルの「スズキ・スズライトフロンテ」がFF、「スバル・360」や「マツダ・キャロル」がRRを採用していたのに対し、「三菱・ミニカ」と同様のコンベンショナルなFRが採用されました。フロントに搭載されるエンジンは、ハイゼット用の空冷2ストローク360cc直2のZL型をベースに水冷化したZM型が採用されました。

ダイハツ フェローピックアップ (初代 1967)

ダイハツ フェローピックアップ (初代 1967)

最高出力を32psまで高めた高性能版「SS」を追加

ダイハツ フェローSS (初代 1968)

初期型の最高出力は当時の軽自動車として最強の23psで、4速MTを介しての動力性能は最高速度100km/h・0-200m加速15.7sでした。サスペンション形式は、フロントにダブルウィッシュボーン/コイル式が、リアにはユニークなダイアゴナル・スイングアクスル/コイル式が採用されました。

乗用モデルのグレード体系は、当初「デラックス」と「スーパーデラックス」の2タイプのラインナップだったものの、翌1967年に廉価版の「スタンダード」が追加されました。さらに1968年には、前年に登場した高性能な「ホンダ・N360」に対向すべく、ソレックス・ツインキャブレターの装備や圧縮比アップなどにより最高出力を32psまで高めた「SS」が追加されました。

ダイハツ フェローSS (初代 1968)

最高速度は115kmに向上し、0-200m加速タイムも13.2sに短縮されました。また、2本出しマフラーやブラック仕上げのインテリアなどの採用により、差別化が図られていました。次いで1969年にマイナーチェンジが実施され、フロントグリルの意匠が一新されるとともに、フロントウィンカーの位置がバンパー上からバンパー下に移設されました。

フェローバギィ (1970)

また、標準のシングルキャブレター仕様エンジンの最高出力が26psに高められたほか、インテリア面ではシートにヘッドレストが装着されました。そして1970年4月にフルモデルチェンジが実施され、2代目モデルに移行しました。一方同年同月、初代フェローのシャシーに、ドアや固定ルーフを持たないFRP製専用ボディを架装した「フェローバギィ」が100台限定で発売されました。

後継モデル:フェローMAX/MAXクオーレ

ダイハツ フェローMAX/MAXクオーレ (2代目 1970-1980):シャシーを一新し軽自動車初のハードトップを設定 [L38/40]
1966年11月にダイハツ工業初の軽乗用車として誕生した「フェロー」は、1970年4月におよそ3年半ぶりのフルモ...

ダイハツ車を購入検討中なら、こちらもチェック!

タント値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価|新車購入ガイド
(2020年8月3日更新) ダイハツ 新型タント/カスタムの新車購入に必要な情報を完全ガイド。新型タント/カス...
新型ロッキー 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
ダイハツ 新型ロッキーの新車購入に必要な情報を完全ガイド。新型ロッキーの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、...
ブーン値引き2020年8月-納期/実燃費/価格の評価
ダイハツ ブーン/シルクの値引き/納期/実燃費レポート (2020年8月3日更新) ダイハツのAセグメントハ...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ダイハツその他 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
びぃくるずをフォローする
びぃくるず