フィアット(NUOVA)500 (2代目 1957-1977):合理的な設計と低価格によりベストセラーに

フィアット500 1957

1955年にそれまでの「500(トッポリーノ)」に代わる新型大衆車「600」をリリースし成功を収めたフィアットは、2年後の1957年夏にそれよりも一回りコンパクトな2代目「500」を発売しました。天才的な主任設計技術者ダンテ・ジアコーザの手腕による合理的な設計と低廉な価格設定により、「ヌオーヴァ(NUOVA)・チンクエチェント(500)」の愛称で親しまれベストセラー・カーとなりました。

直列2気筒エンジンを採用

車体の構造はラダーフレーム式シャシーを備えていた先代とは異なり、600と同様に近代的なモノコック構造が採用されました。当初2ドアセダンのみが用意されたボディは、600の流れを汲む丸みを帯びたフォルムを備えていました。ボディサイズは全長2,970mm×全幅1,320mm×全高1,325mmで、先代との比較では全長と全高が縮小され、全幅は若干拡大されました。

フィアット500 1957

ホイールベースは先代及び600よりも160mm短い1,840mmで、車両重量は先代より大人一人分程軽い470kgに抑えられていました。サスペンション形式は、600と共通のフロント:ウィッシュボーン+リーフ式/リア:スイングアスクル+コイル式が採用されました。駆動方式はFRであった初代とは異なり、600と同様のRRが採用されました。

フィアット500 1957

エンジンは先代や600のような水冷直列4気筒ではなく、搭載スペースやコストダウンの為に空冷直列2気筒OHVというプリミティブな機構が採用されました。当初の仕様は排気量479cc、最高出力13.5ps/最大トルク2.8kgmで、トランスミッションはローがノンシンクロの4速フロア式MTが組み合わせられました。

性能面では、最高速度は先代初期型と同等の85km/hに留まったものの、それを大幅に上回る22.2km/Lの優れた燃費が美点でした。しかし、会社の目論見とは裏腹に販売が伸び悩んだ為、同年に内外装の仕様を高めると共に、エンジンの最高出力を15psに高めた「スタンダード」を追加、これにより人気に火が付き国民車としての位置付けを確立しました。

改良型が登場

追って翌1958年には、排気量の拡大(499.5ccに)や吸排気系のチューニングにより最高出力を21.5psに高め、最高速度105km/hの性能を持つ「スポルト」が追加されました。次いで1960年、それまでのモデルに代わり、499.5ccエンジンの最高出力を18psにデチューンして搭載する「500D」が発売されました。

フィアット500 Giardiniera 1960

更に同じ年に、全長をおよそ200mm、ホイールベースを110mm延長した3ドアステーションワゴン「ジャルディニエラ」が追加されました。続いて1965年、500Dに代わるモデルとして、駆動系を強化しドアヒンジを前ヒンジ式に改めた「500F」が発売されました。更に1968年には、500Fをベースにバンパーガードや樹脂パッド付インパネなどを装備した豪華版「500L」が追加されました。

フィアット500F 1965

次いで1972年、500F/500Lに代わり、排気量を594ccに拡大した「500R」が発売されました。18psの最高出力に変更はなかったものの、最大トルクは0.5kgm大きい3.7kgmに向上しました。又、同年後継モデルとして「126」がリリースされたものの、500Rは根強い人気に支えられ1977年まで販売が継続されました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

フィアット時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず-自動車