ホンダ シビックシャトル (初代 1983-1987):シビックカントリーに代わる5ドアモデル[AJ/AK/AR]

ホンダ シビック シャトル 1983

ホンダ シビック シャトル 1983

1972年にデビューした本田技研工業のコンパクトカー「シビック」は、1983年9月に2度目のフルモデルチェジを受け通称「ワンダーシビック」と呼ばれる3代目モデルに移行しました。そして翌10月、先代に用意されていた5ドアステーションワゴン「シビックカントリー」に代わるモデルとして、5ドアセミトールワゴンの「シビックシャトル」が追加されました。

M・M思想を具現化したフォルムを採用

M・M(マン・マキシマム・メカ・ミニマム)思想の採用により、ボディはショートノーズ・ビッグキャビンのフォルムに変貌すると共に、空力特性向上にも注力されました。ボディサイズは全長3,990mm×全幅1,645mm×全高1,490mmで、カントリーから全長が短縮された一方、全幅と全高が拡大されました。又、ホイールベースは130mm延長され2,450mmとなりました。

ホンダ シビック シャトル 1983

ホンダ シビック シャトル 1983

サスペンション形式はカントリーの4輪ストラット式から、「スポルティックサスペンション」と呼ばれるフロント:ストラット式/リア:トレーリングリンク式に変更されました。駆動方式はFFを踏襲、エンジンラインナップは一新され、1.3L直4SOHCキャブレター仕様のEV型と1.5L直4SOHCキャブレター仕様及びPGM-FI仕様のEW型が用意されました。

ホンダ シビック シャトル 1983

ホンダ シビック シャトル 1983

最高出力/最大トルクはそれぞれ80ps/11.3kgm、90ps/12.8kgm、100ps/13.2kgmで、トランスミッションは当初4速/5速MTと3速トルコン式AT「ホンダマチック」が設定されました。当初のグレード体系は、下から1.3Lエンジン搭載の「53U」、1.5Lキャブレターエンジン搭載の「55M」「55J」「55G」、同PGM-FIエンジン搭載の「55i」のラインナップでした。

ホンダ シビックシャトル 新車情報’86

新車情報'86 ホンダ シビック シャトル

4WD車を追加

そして1984年11月に、パートタイム式4WDモデル「4WD」が追加されました。パワートレインは1.5Lキャブレター仕様エンジン+スーパーロー付6速MTで、リアサスペンションにパナールロッド付4リンク式を採用、外観上は大型バンパーの採用などによりFF車との差別化が図られました。

ホンダ シビック シャトル 1983

ホンダ シビック シャトル 1983

グレードは、ベーシックな「4WD-M」と油圧式パワーステアリングやウォッシャー連動式ヘッドランプワイパーなどが備わる「4WD-J」がラインナップされました。次いで1985年9月のマイナーチェンジでFF車のグレードが55J/55iの2タイプに整理されると共に、ATがロックアップ機能付4速に変更されました。

ホンダ シビック シャトル 1983

ホンダ シビック シャトル 1983

続いて1986年9月、4WDが「リアルタイム4WD」と呼ばれるビスカスカップリング式オンデマンド4WDシステムを採用した「RT-J」に切り替えらると同時に、同車をベースとした特別仕様車「リアルタイム4WD特別仕様車」が設定されました。そして1987年10月にフルモデルチェンジが実施され、2代目モデルに移行しました。

ホンダのコンパクトカー購入を検討中なら、こちらもチェック!

フィット 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価
フィットの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどホンダ 新型フィットの...
シャトル値引き2021年4月-納期/実燃費/価格の評価
ホンダ 新型シャトル/ハイブリッドの目標値引き額は? (2021年4月7日更新) ホンダのコンパクトワゴン「...
シビック 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
(2021年4月7日更新) ホンダ シビックの新車購入に必要な情報を完全ガイド。新型シビックの値引き情報や納期...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

シビック
スポンサーリンク
ビークルズをフォローする
ビークルズ