スズキ 2代目ハスラー 136.5万円からで来年1月20日から発売

ハスラー HYBRID Xターボ

スズキ軽乗用車「ハスラー」を全面改良し2020年1月20日より発売する。

ひと目でハスラーと分かる個性的なデザインと、アウトドアアイテムから発想を得て機能性を追求したタフさや力強さを融合。荷室側からも操作可能なリヤシートスライドや、荷室下に防汚タイプラゲッジアンダーボックスを採用するなど、使い勝手を進化させている。販売目標台数は月6,000台。

新型ハスラーの価格 (消費税込)

グレード 2WD 4WD
HYBRID G 1,365,100 1,499,300
HYBRID Gターボ 1,459,700 1,593,900
HYBRID X 1,518,000 1,652,200
HYBRID Xターボ 1,612,600 1,746,800

新型ハスラーの主な特長

エクステリア

HYBRID Xターボ・HYBRID X・全方位モニター用カメラパッケージ装着車・ブリスクブルーメタリック ホワイト2トーン

  • ひと目でハスラーとわかる個性的なキャラクターとタフで力強いスタイルを融合させたエクステリア。
  • 丸型ヘッドランプとスクエア基調のグリルは特徴的なアイコンとして踏襲し、フードを持ち上げることで厚みのある顔周りを表現。
  • 立てたピラーとロングルーフによるスクエア型の大きなキャビン。ピラーをボディー同色とし、ピラーの存在をしっかり見せることで、力強く、頑丈なイメージとしている。
  • 鉄板による張りや曲げなどの特徴を追求し、強く深みのあるボディー断面を表現したフードとサイドボディー。リヤクォーターガラスを設置し、広い視界を確保。
  • クロスカントリー車に見られる幌やハードトップから発想を得た、遊び心ある斬新な2トーンカラーを採用。

インテリア

インパネ・HYBRID Xターボ・バーミリオンオレンジ ガンメタリック2トーン(バーミリオンオレンジ内装)

  • インパネデザインはタフな世界観を演出する3連インパネカラーガーニッシュを採用。上下のバーでガーニッシュを挟み、力強い骨格を表現。

4.2インチカラー液晶メーター

  • 4.2インチカラー液晶メーターを採用。視認性、アニメーションにもこだわり、日々の運転を楽しくサポート。

インパネ・HYBRID G・デニムブルーメタリック ガンメタリック2トーン(デニムブルー内装)

  • インパネとドアトリムには、車体色に対応した3色(バーミリオンオレンジ、デニムブルー、グレーイッシュホワイト)のカラーパネルを採用。

インテリア・HYBRID Xターボ・バーミリオンオレンジ ガンメタリック2トーン(バーミリオンオレンジ内装)

  • シートは縞鋼板柄のシート表皮に、車体色に対応した3色(バーミリオンオレンジ、デニムブルー、グレーイッシュホワイト)のカラーアクセントを採用。

ボディカラー

ボディーカラー展開

  • ガンメタリック2トーン3色、ホワイト2トーン3色、モノトーン5色の全11色の車体色を設定。
  • ガンメタリック2トーン仕様車に、新色の「バーミリオンオレンジ」、「デニムブルーメタリック」を設定。

室内空間

HEARTECT

「HEARTECT(ハーテクト)」の採用により、ホイールベースを35mm延長することで後席乗員の足元空間を確保し、前席は左右乗員間距離を30mm拡大することで快適で広い室内空間を実現。

高い走破性と取り回しの良さを実現

ロードクリアランス

アプローチアングルを1°、デパーチャーアングルを4°拡大し、高い走破性をさらに進化。ホイールベースを延長しながらも、最小回転半径4.6mで取り回しの良さを継承。

ラゲッジスペース

カスタマイズイメージ

荷室側からも操作可能なスライド用ストラップを後席背面に採用し、シーンにあわせてラゲッジスペースの荷室容量の調整が可能。

夜間の歩行者も検知する衝突被害軽減ブレーキ

  • 夜間の歩行者も検知するステレオカメラ方式の衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」をはじめ、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能と、ヘッドランプのハイビーム /ロービームを自動で切り替えるハイビームアシストを搭載。さらに、一時停止標識の認識を追加した標識認識機能を採用。
  • リヤバンパーに内蔵した4つの超音波センサーで後方の障害物を検知する「後退時ブレーキサポート」を採用。さらに後方誤発進抑制機能、リヤパーキングセンサーを搭載。

「アダプティブクルーズコントロール(ACC)[全車速追従機能付]」をターボ車に設定

ターボ車には、全車速での追従機能を備えたアダプティブクルーズコントロール、車線逸脱抑制機能をスズキ軽初採用。

全方位モニター用カメラ

  • フロント、リヤ、サイド(左右)の計4か所に設置したカメラの映像を合成・処理し、自車周辺を俯瞰的に見ているような映像をモニターに映し出す全方位モニターに、周囲を立体的に360°確認できる「3Dビュー」を採用。
  • 自車の前方および後方で左右から人や物が自車に近づいてくることをお知らせする「左右確認サポート機能」も搭載。
  • シフトレバーをバックからドライブに切り替えた際、カメラ映像がフロントビューに自動で切り替わる「フロントビュー自動表示機能(切り返し時)」を採用し、サポート機能を充実。
  • メーカーオプションの全方位モニター付メモリーナビゲーションは、カメラ映像のデジタル伝送化に対応し、カメラ映像の鮮明な表示が可能。

新開発のNAエンジン

  • 新開発のR06D型エンジンをNA車に搭載し、低速から中高速までの実用速度域で優れた燃費性能と軽快な走りを実現。
  • スズキ軽初のデュアルインジェクションシステムを採用。1気筒あたり2つのインジェクターで燃料を微粒子化することで燃料と空気の混合気を均質化。燃焼効率を高め、燃費も走りも向上させている。
  • スズキ軽初のクールドEGRを採用し、燃焼温度を抑制することでノッキングの発生を抑え最適なタイミングでの燃焼を実現。
  • ターボ車は、ゆとりの動力性能を備えるR06A型エンジンを採用。

新開発のCVT

軽量化と高効率化により、優れた燃費性能と軽快な走りを両立させた新開発CVTを採用。低中速域でのスムーズな走りと、高速域ではハイギヤード化により燃費性能と静粛性に貢献。

新世代プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」の採用

構造用接着剤適用部位

  • 軽量で高剛性の新世代プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」を採用し、軽量・高剛性を両立。
  • 操作性を高め、振動を徹底的に抑えたステアリングは、意図した通りに車が動く操舵感を実現。専用チューニングを施したサスペンション。
  • バックドア、センターピラー、サイドドアでそれぞれ「環状骨格構造」を形成することで、ボディー全体で剛性を高めた。
  • ボディーのスポット溶接部に「構造用接着剤」をスズキ初採用し、部品間のわずかな隙間を埋めることで接合を強化。ボディー全体の剛性を向上。
  • こもり音や雨音を低減する「高減衰マスチックシーラー」を軽自動車で初めて採用し、静粛性の高い室内空間を実現。さらに、防音材や遮音材を最適に配置することで静粛性を高めた。

4WDシステム

ヒルディセントコントロール

  • 雪道やアイスバーンでのスムーズな発進をサポートする「スノーモード」を新たに採用。ぬかるみや滑りやすい路面で発進をサポートする「グリップコントロール」、急な下り坂で車速を約7km/hで維持する「ヒルディセントコントロール」とあわせて4WD車に標準装備。

9インチHDディスプレイ搭載メモリーナビゲーション

全方位モニター付メモリーナビゲーション

  • 高画質で大型の9インチHDディスプレイを採用したナビゲーションをスズキ初のメーカーオプション設定。斜めからの視認性も良く、運転席と助手席の両方から高い視認性と操作性を実現。
  • GPSに加え、みちびき・GLONASS(グロナス)を測位可能とし、ビル街や山間部など測位が難しいエリアで自車位置精度を安定して表示。
  • 走行距離や平均燃費などの走行に関するリアルタイムな情報や、半ドア状態やシートベルト未装着などの警告情報など、さまざまな情報を表示。
  • 車内でも安心、安全にスマートフォンアプリの機能を使用できるスマートデバイスリンクに対応し、スマートフォン連携機能が充実。
  • カメラ映像のデジタル伝送化により、鮮明な映像を大画面に表示する全方位モニターを採用。

スズキ ハスラーの購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ハスラー
スポンサーリンク
びぃくるずをフォローする
びぃくるず