ジャガー XK8/XKR (初代 X100 1996-2006):XJSの後継モデルとして誕生したスポーツカー

ジャガー XK8 1996

ジャガー・カーズは1996年3月のジュネーブ・ショーにおいて、「XJS」の後継モデルとなる新型スポーツカー「XK8」を発表しました。当初公開されたのは2+2仕様のクーペのみであったものの、翌4月のニューヨーク・ショーで同じく2+2仕様のコンバーチブルが出展されました。後に、更に高性能な「XKR」がラインナップに加わりました。

軽量ボディに新エンジンを搭載

スタイリングは直線基調のXJSから一転し、往年の「Eタイプ」を彷彿とさせる曲線的なフォルムに変貌しました。同時に、ボディ剛性や衝突安全性の強化、軽量化などが図られた事も特徴でした。ボディサイズは全長4,770mm×全幅1,830mm×全高1,295mmで、XJSから全長が50mm短縮され、全幅と全高はそれぞれ35mm、25mm拡大されました。

ジャガー XK8 1996

ホイールベースは同一の2,590mmで、車両重量は80~90kg程軽い1,640~1,710kgとなりました。サスペンション形式はXJSと同様の4輪ダブルウィッシュボーン式で、駆動方式もFRが踏襲されました。搭載エンジンは新開発された4L V8DOHC NAのAJV8型で、デンソー製電子燃料噴射装置を装備し最高出力294ps/最大トルク40kgmのアウトプットを発生しました。

ジャガー XK8 1996

このスペックは、XJSに搭載された4L直6DOHCエンジンを69ps/1.6kgm上回るものでした。トランスミッションは5速トルコン式ATが組み合わせられ、最高速度251km/h・0-60mph加速6.4sの動力性能(※クーペの数値)を発揮しました。又、4輪ディスク式のブレーキはフロントに加えリアにもベンチレーテッド型が採用され、ホイールはそれまでの15インチから17又は18インチへと大径化されました。

排気量を拡大

そして1998年に、AJV8型スーパーチャージドエンジン(最高出力375ps/最大トルク53.5kgm)を搭載するXKRクーペ/コンバーチブルが追加されました。更に2002年にはエンジンの排気量が4.2Lに拡大され、アウトプットがXK8は最高出力304ps/最大トルク42.8kgmに、XKRは最高出力395ps/最大トルク55.2kgmに向上しました。それと同時に、ATが6速に多段化されました。

ジャガー XK8 1996

最高速度は共に250km/hで、0-60mph加速は前者が6.1s、後者が5.2sでした(※いずれもクーペの数値)。次いで2004年にフェイスリフトが実施され、フロント廻りやリア廻り、アルミホイールの意匠などが変更されました。そして2006年にフルモデルチェンジが実施され、2代目X150型XK/XKRに移行しました。

ジャガー XKR Convertible 1998

日本市場においては、1996年8月にまずXK8クーペスポーツ/クラシック及びXK8コンバーチブルが上陸を果たし、翌1997年10月にはXK8クーペスポーツのグレード名がXK8クーペに変更されました。次いで1999年2月にXKRクーペ/コンバーチブルが追加された後、2002年11月に4.2L版に、更に2004年5月にフェイスリフト版に切り替えられました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ジャガー時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ