スバル・レガシィ ツーリングワゴン (3代目 1998-2003)の口コミ評価:中古車購入インプレッション [BE/BH]

私は、小さい頃からスポーツカーが大好きでした。私は20歳になって自動車免許を取得し、中古で日産S14シルビアQs、スズキ エブリイと乗り継ぎました。

スポンサーリンク
車の買い替えを考え始めたら、下取り査定を受ける前にクルマの値段を把握しましょう。「ナビクル」などのWEBサービスなら、スマホやPCから簡単な入力で手軽に査定額がわかります。

馬力はなんと280馬力

そして中古車店でスバル・レガシィーツーリングワゴンに出会いました。型はBH5です。1998年~2003年のモデルです。レガシィの中でも3代目です。もちろんマニュアルで、ターボ車です。馬力はなんと280馬力と当時の自主規制枠いっぱいでした。私はターボ車を運転したことはなかったので、はじめは加速にビックリしました。NA(ノンターボ)車と比べると全然違いました。

レガシィはツーリングワゴンだった為、荷物もかなり乗りますので凄く良い車でした。近くのホームセンターで私は折りたたみベットを買いました。そのときにレガシィの後部座席を倒して、ベットを積んだのですが、ベットが積める車ってスゴイと思いました。他にもタンスなども積むことができました。

以前乗っていたS14シルビアだったらまず無理でしたね。やはり大きな車だとこういう点では助かります。そして、私はスポーツカーが好きだったので、中古パーツショップでマフラーを買って交換してみました。すると、スバル特有のボクサーサウンドを聴くごとができました。ボロボロという感じの音で凄く良い音でした。

もの凄い加速

レガシィBH5は、シーケンシャルツインターボで、はじめは1つのタービンしか回らないのですが、一定の回転数を超えると2つ目のタービンも回って音が変わり、もの凄い加速をします。私はもっと速くしたくなりブーストアップなどをしました。すると加速が大幅に向上し、もの凄く速くなりました。

しかし、上げ過ぎたパワーにクラッチが耐えられず滑ってしまい、まともに走れなくなってしまいました。そこで修理しようとも考えたのですが、修理費で車を買えるくらいの金額だったので断念。その後、処分しました。レガシィとの別れは辛かったですが仕方ありませんでした。次はもっと上手くやろうと思いました。大変この車にはお世話になりました。次もスポーツカーを買おうと日々頑張っています。

 

スバル レガシィの購入を検討中なら、こちらもチェック!