マツダ カペラ (7代目 1997-2002):ワゴンが再びラインナップに加わるもラストモデルに [GF/GW]

マツダ カペラ Gi 2001

マツダ カペラ Gi

1970年に初代モデルがデビューしたマツダの小型車「カペラ」は、1997年8月に3年ぶり6度目のフルモデルチェンジが実施され、7代目モデルに移行しました。ボディバリエーションは、ワゴン並みの多彩なシートアレンジが備わる4ドアセダンの他、3か月後の11月にステーションワゴンが2世代ぶりにフルモデルチェンジを受けラインナップに加わりました。

フルタイム4WD仕様が復活

スタイリングはコンサバティブなものながら、スラントノーズが復活するなど先代からはイメージチェンジが図られました。セダンのボディサイズは全長4,575mm×全幅1,695mm×全高1,440~1,455mmで、先代から全長が20mm短縮された一方、全高は45~50mm高く設定されました。ホイールベースは先代同様の2,610mmで、車両重量は40kg程増加し1,180~1,330kgとなりました。

マツダ カペラ Gi 2001

マツダ カペラ Gi

一方、ワゴンはセダンとは若干異なるフロントマスクが与えられた他、全長が90mm、全高が70mm大きく、ホイールベースも60mm長く設定されていました。サスペンション形式はセダン/ワゴン共に先代同様の4輪ストラット式で、駆動方式も先代同様にFFがベースとなる他、先代後期型で一旦廃止されたフルタイム4WDが再び設定されました。

マツダ カペラワゴンのCM

1997年CM マツダ カペラワゴン

ワゴンにV6エンジン車を設定

エンジンは当初、1.8L直4DOHCのFP-DE型と2L直4DOHCのFS-DE型がキャリオーバーされた他、2L直4DOHC希釈燃焼方式のFS-ZE型と、ワゴン専用となる2.5L V6DOHCのKL-ZE型が新たに設定されました。最高出力/最大トルクはFP-DE型が125ps/16.3kgm、FS-DE型が140ps/18.2kgm、FS-ZE型が170ps/18.4kgm、KL-ZE型が200ps/22.8kgmでした。

マツダ カペラ ワゴンV-RX Sport 2001

マツダ カペラ ワゴンV-RX Sport

トランスミッションは、セダンは各エンジンに5速MTと4速トルコン式ATが設定された一方、ワゴンは5速MTが用意されるのは1.8Lのみで他は4速トルコン式ATのみの設定でした。又、駆動方式は1.8LがFFのみ、2LがFF及びフルタイム4WD、2.5Lがフルタイム4WDのみの設定でした。

安全性能を強化

安全性能面では、全車に衝突安全ボディ「MAGMA」やSRSデュアルエアバッグシステムが採用されると共に、FF車にトラクションコントロールが、上級グレードにSRSサイドエアバッグシステムが装備されるなど、先代より大幅に充実したものとなりました。そして翌1998年7月、セダン/ワゴンに2L直4SOHC直噴ディーゼルターボのRF型エンジン搭載車が追加されました。

マツダ カペラ ワゴンV-RX Sport 2001

マツダ カペラ ワゴンV-RX Sport

スペックは最高出力100ps/最大トルク22.4kgmで駆動方式はFFのみ、トランスミッションは4速トルコンのみの設定でした。次いで1999年11月のマイナーチェンジでセダン/ワゴンが共通のフロントマスクとなった他、2L車にマニュアルモード付AT「アクティブマチック」搭載車が設定されました。同時に、前年に追加されたディーゼル車が早くもカタログ落ちしました。

そして2002年5月に後継車種の「アテンザ」が発売された事に伴い、セダン/ワゴン共に同年8月をもって販売を終了、42年の歴史を幕を下ろしました。

番外編:Mazda626 MPS

Mazda626 MPS (2000)

7代目カペラ(626)をベースにしたハイパフォーマンスモデルでジュネーブショーに出品。オートサロンに「カペラMPS」の名前でも出品していました。

MPSはMazda Performance Series(マツダ・パフォーマンス・シリーズ)の頭文字。2.5L V6ツインターボを搭載し最高出力は280PS。残念ながら市販には至りませんでした。

Mazda626 MPS (2000)

Mazda6(マツダ6)の購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

カペラ 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ