マセラティ ビトゥルボ (1981-1987):全てが新設計されたターボエンジン搭載の小型車

シェアする

マセラティ ビトゥルボS 1983

マセラティはデ・トマソ傘下にあった1981年12月に、全てが新設計された小型車「ビトゥルボ」を発表しました。高性能なスポーツカーや豪華な大型GTカーを得意としてきた同社としては異例となる、コンパクトなボディを持ち量販が望めるモデルとして開発されました。しかしながら、優れた走行性能をはじめ豪華な内装や充実した装備など、マセラティらしい個性は健在でした。

まずはクーペが登場

ボディタイプは当初ノッチバックの2ドアクーペのみの設定で、エクステリア・デザインは社内スタッフにより手掛けられました。スタイリングは直線基調のシャープな造形が特徴で、ジウジアーロのデザインによるプレミアムセダン「クアトロポルテⅢ」に類似した雰囲気を持っていました。

マセラティ ビトゥルボS 1983

ボディサイズは全長4,153mm×全幅1,714mm×全高1,305mm、ホイールベースは2514mmで、兄貴分にあたる「キャラミ」と比較すると全高を除き一回り以上コンパクトでホイールベースも短く、車両重量は遥かに軽い1,086kgに抑えられていました。サスペション形式は、フロント:マクファーソンストラット式/リア:セミトレーリングアーム式が採用されました。

エンジンはツインターボ仕様

ブレーキは上級モデル同様4輪ディスク式で、ステアリング形式はラック&ピニオン式でした。駆動方式は他のマセラティ製モデルと同様FRを採用、エンジンはこのモデルの為に開発された軽合金製の2L V6SOHCで、ビトゥルボ=バイターボの車名通り2基のIHI製ターボチャージャーを装備していました。同時に、1シリンダーあたり3つのバルブが備わる独創的な機構を持っていました。

マセラティ ビトゥルボS 1983

スペックは、ウェーバー製シングルキャブレター装備により最高出力180psを発生、5速MTを介しての最高速度は215km/hに達しました。一方装備面では、当時のこのクラスではまだ珍しかったエアコンやパワーウィンドウ、集中ドアロックが標準装備されるなど、「小さな高級車」と呼ぶに相応しい充実した仕様を誇りました。

4ドアセダンとスパイダーを追加

そして程なくして3速トルコン式ATが追加された後、1983年にインタークーラー装備により最高出力を210psに高め、足回りを強化した高性能版「S」と、排気量を2.5Lに拡大し最高出力を190psとした輸出専用モデル「2.5」が追加されました。更に同年12月、最高出力を200psにアップした2.5Lエンジンを搭載し、インパネのデザインを変更した4ドアセダン版の「425」がバリエーションに加わりました。

マセラティ ビトゥルボ スパイダー 1991

次いで翌1984年に、全長を4,045mm、ホイールベースを2,400mmに短縮し、ザガート製のオープンボディを架装した「スパイダー」が登場しました。エンジンはイタリア国内向けが2L、輸出仕様が2.5Lでした。続いて1985年に2ドアクーペがマイナーチェンジを受け、インパネが425と共通のデザインになった他、LSDが装着されました。

同時に、2.5Lインタークーラー付きエンジン(最高出力210ps)を搭載する「ES」が追加されました。追って同年に、4ドアボディに2Lエンジンを搭載するイタリア国内向けモデル「420」及び「420S」が追加されました。更に翌1986年には、全車のエンジンがフューエルインジェクション化され、2Lが185psに、同インタークーラー付きが220psに、インタークーラー付きのみとなった2.5Lが200psにと、それぞれ最高出力が向上しました。

マセラティ ビトゥルボ スパイダー 1991

そして1987年にまず425がビッグマイナーチェンジを受け、内外装やパワートレインの変更と共に車名がビトゥルボの冠名を持たない「430」に変更されました。次いでスパイダーが同様のモディファイを受け「スパイダー・ザガート」に、翌1988年に残るクーペにも同じ内容のモディファイが施され「222」及び「422」になりました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK