マツダ ファミリア (9代目 1998-2004):カペラの姉妹車種となったラストモデル [BJ]

シェアする

マツダ ファミリアS-WAGON RS 2000

マツダ ファミリアS-WAGON RS 2000

1963年に初代モデルがデビューしたマツダの大衆車「ファミリア」は、1998年6月に4年ぶり8度目のフルモデルチェンジが実施され、9代目モデルに移行しました。プラットフォームなど基本コンポーネンツが上級車種の「カペラ」と共有化されると共に、5ドアハッチバックとステーションワゴンを折衷させた「S-ワゴン」が設定された事が特徴でした。

3ドアハッチバックは廃止に

マツダ ファミリア RS 2000

マツダ ファミリア RS 2000

ボディタイプは3ドアハッチバックが廃止され、4ドアセダンと前述したS-ワゴンの2タイプのラインナップとなりました。スタイリングは、セダンは先代の流れを汲むコンサバティブなフォルムが踏襲され、S-ワゴンはそれよりも全長が短く設定されると共にスポーティなイメージに纏めらました。

マツダ ファミリアS-WAGON Sport 20 2000

マツダ ファミリアS-WAGON Sport 20 2000

ボディサイズは、セダンは実質的に先代と同等の全長4,315mm×全幅1,695mm×全高1,410mmで、S-ワゴンは全長4,200mm×全幅1,695mm×全高1,420mm、ホイールベースは共通の2,610mmで先代のセダンから僅かに延長されました。サスペンション形式は、先代同様の4輪ストラット式が踏襲されました。

マツダ ファミリアのCM

2種類の4WDを用意

駆動方式は先代同様FFベースで、4WDは従来のフルタイム方式に加え新たにオンデマンド方式が設定されました。エンジンは先代に設定のあった1.6LガソリンNAと1.7Lディーゼルターボが廃止され、当初1.3L直4SOHCのB3型、1.5L直4DOHCのZL-DE型及びZL-VE型、1.8L直4DOHCのFP-DE型のガソリンNA4種類と、2L直4SOHCディーゼルNAのRF型のラインナップでスタートしました。

マツダ ファミリアS-WAGON Sport 20 2000

マツダ ファミリアS-WAGON Sport 20 2000

最高出力/最大トルクはそれぞれ85ps/11.2kgm、110ps/14kgm、130ps/14.4kgm、135ps/16.5kgm、70ps/13.2kgmで、トランスミッションは各エンジンに5速MTと4速トルコン式ATが設定されました。これらの内、オンデマンド4WD車には1.5LのZL-DE型エンジンが、フルタイム4WD車には1.8LのFP-DE型が搭載されました。

2Lのスポーティグレードを追加

当初のグレード体系は、セダンが下からES/JS/LS/RX/GS、S-ワゴンがS/R/S-4/R-4のラインナップでした。そして1999年8月に、S-ワゴンにカペラと共通の2L直4DOHCガソリンNAのFS-ZE型エンジン(最高出力170ps/最大トルク18.4kgm)を搭載し、エアロパーツが装着されるスポーティグレード「スポルト20」が追加されました。

マツダ ファミリアS-WAGON Sport 20 2000

マツダ ファミリアS-WAGON Sport 20 2000

次いで2000年10月のマイナーチェンジでラインナップが一部変更され、セダンに設定されていたディーゼル車が廃止された他、1.5Lエンジン搭載グレードのRXに代わりRSが設定されました。又、S-ワゴンは1.8Lエンジン搭載のR-4が廃止された他、Sに代わりS-fが、Rに代わりRSが設定されました。

マツダ ファミリア Sport 20 2001

マツダ ファミリア Sport 20 2001

続いて2001年5月、セダンRSをベースに、チューンナップを施したFS-ZE型エンジン(最高出力175ps/最大トルク18.9kgm)を搭載し、専用のサスペンションやホイール&タイヤ、大径ブレーキローターなどを装備した限定車「マツダスピードファミリア」が発売されました。そして2003年10月、後継車種「アクセラ」の発売に伴いセダンが販売終了となりました。

追って翌2004年4月にS-ワゴンも販売終了となり、40年余りに渡るファミリアの歴史に幕を下ろしました。

アクセラの購入を検討している方はアクセラ値引き相場-納期/実燃費/価格の評価も参照下さい。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK