マツダ レーシングオレンジのMX-5 30周年記念車を世界初公開

シェアする

MX-5 Miata 30th Anniversary Edition(米国仕様車)

マツダ)は2019年2月8日、MAZDA MX-5(日本名:マツダ ロードスター)の誕生30周年を記念し、専用色「レーシングオレンジ」を採用した特別仕様車「MAZDA MX-5 Miata 30th Anniversary Edition」を、2月7日から2月18日まで開催されるシカゴオートショーにおいて、世界初公開した。

朝焼けのようなオレンジ系の特別色

MX-5 Miata 30th Anniversary Edition(米国仕様車)

MX-5およびロードスターは世界で30年にわたり100万台以上が販売された。マツダは「このクルマはもはやマツダのものではなく、お客さまのものである」と考え、感謝の気持ちとこれからのMX-5への期待を込めて、心が沸き立つ一日の始まりを予感させる、朝焼けのようなオレンジ系の特別色「レーシングオレンジ」を開発。

世界3,000台限定で販売

MX-5 Miata 30th Anniversary Edition(米国仕様車)

MX-5 30周年記念車は、この「レーシングオレンジ」のボディカラーに加え、RAYS社とMX-5用に共同開発した鍛造アルミホイール(RAYS ZE40 RS30)および、シリアルナンバー付オーナメント等を特別採用し、ソフトトップモデルとリトラクタブルハードトップモデル合わせて世界3,000台限定で販売する。

現時点で日本国内での販売台数、時期、価格などについては明らかとなっていない。

MX-5 30周年記念車の特別装備一覧

● ボディカラー:レーシングオレンジ
●RAYS社製 鍛造アルミホイール(RAYS ZE40 RS30)

MX-5 Miata 30th Anniversary Edition(米国仕様車)

● “30th Anniversary”オーナメント(シリアルナンバー付)
● オレンジをアクセントとしたカラーコーディネート(ブレーキキャリパー、シート、ドアトリム、インパネデコレーションパネル、シフトレバー)
● RECARO社製シート

MX-5 Miata 30th Anniversary Edition(米国仕様車)

● BILSTEIN社製ダンパー(MT車のみ)
● Brembo社製フロントブレーキキャリパー(オレンジ塗装)
● NISSIN社製リアブレーキキャリパー(オレンジ塗装)
● Bose®サウンドシステム(AUDIOPILOT™2)+9スピーカー
● Apple CarPlay、Android Auto™対応(市場によって異なる)

マツダ ロードスターの購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK