日産 プレサージュ (初代 U30 1998-2003):キャッチコピーは「ミニバン・クルーザー」

日産 プレサージュ 1998

日産 プレサージュ 1998

日産自動車は1998年6月、前年にリリースしたステーションワゴン専用車N30型「ルネッサ」をベースとしたプレミアムミニバン「プレサージュ」を発売しました。ルネッサと共通のプラットフォームにオールヒンジ式ドア採用の5ドアボディが架装され、当時ベストセラーカーとなっていたホンダ技研工業の「オデッセイ」の対抗馬と位置付けられました。

エンジンはガソリン2種類とディーゼルを用意

ボディサイズは全長4,755~4,840mm×全幅1,770mm×全高1,700~1,725mmでルネッサより一回り大きく、ホイールベースは同一の2,800mmでした。駆動方式はルネッサ同様、FFとフルタイム4WDが設定されました。サスペンション形式はフロントがストラット式で、リアはFF車にマルチリンクビーム式が、4WD車にマルチリンク式が採用されました。

日産 プレサージュ 1998

日産 プレサージュ 1998

エンジンは当初、2.4L直4DOHCのKA24DE型(最高出力150ps/最大トルク22kgm)と3L V6DOHCのVQ30DE型(最高出力220ps/最大トルク28.5kgm)のガソリンNA2種類と、2.5L直4DOHCディーゼルターボのYD25DDTi型(最高出力150ps/最大トルク28.5kgm)が用意されました。トランスミッションは、全車コラムタイプの4速トルコン式ATとの組み合わせでした。

日産 プレサージュ 1998

日産 プレサージュ 1998

当初のグレード体系は、各エンジン搭載車に下から「CⅠ」「CⅡ」「CⅢ」と専用の内外装が備わる特装車「アクシス」がラインナップされました。室内はアクシスのみ2-2-3シート配列の7人乗り仕様で、それ以外は2-3-3シート配列の8人乗り仕様が標準でした。安全装備面では、全車にSRSデュアルエアバッグやEBD付ABS、ブレーキアシストなどが採用されました。

日産 プレサージュのCM

日産 プレサージュ CM

新グレードの追加やグレード体系の見直しを実施

そして同年11月、各エンジン搭載車にCⅡをベースにエアロパーツなどを装着した「パシフィーク」が、翌1999年5月に専用の内外装色を採用した「パシフィークホワイトパールエディション」が追加されました。追って同年10月には、CⅢをベースに装備の充実化を図った「CⅢリミテッド」が追加されました。

次いで2000年4月、3L車のグレード体系が「CⅡクルージング」「パシフィーククルージング」「CⅢクルージング」に変更されると共に、装備の見直しが行われました。更に同年11月には、2.4L車/2.5Lディーゼル車のグレード体系が「C3スプレンド」「CⅡNAVIクルージング」「パシフィクNAVIクルージング」「CⅢNAVIクルージング」に変更されると共に、装備の見直しが行われました。

日産 プレサージュ 1998

日産 プレサージュ 1998

次いで2001年8月のマイナージェンジにより内外装デザインが変更されると共に、新たに2.5L直4DOHC NAのQR25DE型エンジン(最高出力165ps/最大トルク23.8kgm)が設定され、KA24DE型エンジンとYD25DDTi型エンジンは廃止されました。同時に、グレード体系が2.5L車は「C」「CⅡ」「ハイウェイスター」「CⅢ」に、3L車は「CⅡ」「ハイウェイスター」「CⅢ」に変更されました。

そして2003年7月にフルモデルチェンジが実施され、2代目U31型に移行しました。

日産車の購入を検討中なら、こちらもチェック!

 

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

日産その他 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ