[PR]記事内に広告が含まれています。

日産 サニー (5代目 B11 1981-1985):駆動方式をFFに変更すると共にエンジンを一新

日産 サニー セダン 1981

日産 サニー セダン 1981

初代モデルが1966年に発売された日産の大衆車「サニー」は、1981年10月に4年ぶり4度目のフルモデルチェンジを実施し5代目モデルとなりました。駆動方式がそれまでのFRからFFに変更され室内スペースが拡大した他、エンジンの刷新や車体の軽量化により走行性能・燃費性能が向上しました。又、歴代モデル初のターボ車やディーゼル車も設定されました。

新車購入ガイド:【2023最新】ルークスの値引き 納期 乗り出し価格

スポンサーリンク
車の買い替えを考え始めたら、下取り査定を受ける前にクルマの値段を把握しましょう。「ナビクル」などのWEBサービスなら、スマホやPCから簡単な入力で手軽に査定額がわかります。

国内向けボディは3タイプに整理

日産 サニー セダン 1981

日産 サニー セダン 1981

発売当初における国内向けのボディタイプは、2ドアセダンが輸出専用になると共にバンが専用モデルの「ADバン」に移行した為、4ドアセダン/5ドアワゴン(カリフォルニア)/3ドアクーペの3タイプとなりました。スタイリングは、先代同様直線を基調としたシャープなフォルムが特徴でした。ボディサイズは先代から一回り拡大され、セダンで全長4,125mm×全幅1,620mm×全高1,390mmとなりました。

日産 サニー セダン 1981

日産 サニー セダン 1981

又、ホイールベースも60mm延長され2,400mmとなりました。サスペンション形式は、フロントは先代同様のマクファーソンストラット式を踏襲し、リアは4リンク・リジッド式からトレーリングアーム・独立懸架式に改められました。又、ステアリング機構がリサーキュレーティング・ボール式からラック&ピニオン式に変更されると共に、最小回転半径の縮小が図られました。

日産 サニー のCM

- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

新世代SOHCエンジンを搭載

日産 サニー カリフォルニア 1981

日産 サニー カリフォルニア 1981

エンジンは、初代モデル以来採用されてきた直4OHVのA型ユニットに代わり、新世代となる直4SOHCのEユニット型が採用されました。発売当初用意されたのは、1.3L電子制御キャブレター仕様のE13S型(最高出力75ps/最大トルク10.7kgm)、1.5L電子制御キャブレター仕様のE15S型(最高出力85ps/最大トルク12.3kgm)、1.5L電子燃料噴射仕様のE15E型(最高出力95ps/最大トルク12.5kgm)の3タイプでした。

日産 サニー ターボ・ルプリ セダン 1982

日産 サニー ターボ・ルプリ セダン 1982

トランスミッションは、先代同様4速/5速MTと3速トルコン式ATが設定されました。そして同年9月に実施された一部改良の際に、セダンとクーペにターボチャージャー付きのE15ET型エンジン(最高出力115ps/最大トルク17kgm)を搭載する「ターボルプリ」が追加されました。同時に、1.3L車のタイヤサイズ拡大、チルトステアリング採用などの仕様向上が行われました。

日産 サニー ターボ・ルプリ 3Dr 1982

日産 サニー ターボ・ルプリ 3Dr 1982

追って翌10月に、セダンとカリフォルニアに1.7L直4SOHCディーゼルのCD17型エンジン(最高出力61ps/最大トルク10.6kgm)搭載車が追加されました。次いで1983年10月実施のマイナーチェンジでクーペが廃止され、代わって3ドアハッチバックが追加されました。同時に、カリフォルニアのE15E型エンジン搭載車がカタログ落ちしました。

日産 サニー ターボ・ルプリ 3Dr 1982

日産 サニー ターボ・ルプリ 3Dr 1982

続いて1984年10月にセダンの新グレード「1300GLエクストラ」が、翌1985年5月にパワーステアリングなどが備わる特別仕様車「α」シリーズが追加されました。そして同年9月にフルモデルチェンジが実施され、6代目B12型に移行しました。

新車購入ガイド:【2023最新】デイズの値引き 納期 乗り出し価格

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

サニー時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ