スバル インプレッサ G4/スポーツ (4代目 2011-2016):ハイブリッドが追加。動力性能・燃費・安全性などをトータルに改善[GP/GJ]

シェアする

スバル インプレッサ G4  2.0i-S EyeSight 2015 (出典:subaru.jp)

スバル インプレッサ G4 2.0i-S EyeSight 2015

スバルのミドルクラスセダン「インプレッサ」は、2011年12月に4年ぶり3度目のフルモデルチェンジを実施し、現行型となりました。同時に、新たに4ドアセダンに「G4」、5ドアハッチバックに「スポーツ」というサブネームが付きました。先代よりも動力性能や燃費、居住性など多くの点が改善された他、安全装備が大幅に充実しました。

洗練されたスタイリング

スタイリングは、都会的かつ洗練された雰囲気になりました。フロントマスクは、近年のスバル車のアイデンティティーとなっているヘキサゴングリルを採用すると共に、大きなマーケットである北米の顧客の嗜好性を考慮した押し出しの強いデザインとなっています。

スバル インプレッサ G4  2.0i-S EyeSight 2015 (出典:subaru.jp)

スバル インプレッサ G4 2.0i-S EyeSight 2015

ボディサイズは全長4,415mm(スポーツ)/4,580mm(G4)×全幅1,740mm×全高1,465mmで、先代と比較して全高が10mm下げられた以外は同一の数値となっています。ホイールベースは先代よりも25mm延長され2,645mmとなった他、室内長も拡大された事により居住性が改善されました。車両重量は、先代とほぼ同等の1,250kg~1,350kg(G4/スポーツは同重量)となっています。

スバル インプレッサ G4  1.6i-S 2015 (出典:subaru.jp)

スバル インプレッサ G4 1.6i-S 2015

パワートレインを一新し、先進の安全装備を採用

サスペンション形式は、先代同様の前ストラット式/後ダブルウィッシュボーン式が踏襲されています。パワートレインは一新され、エンジンが新世代の水平対向4気筒DOHCとなり、従来の1.5Lに替え1.6LのFB16型(最高出力115ps/最大トルク15.1kgm)と、2LのFB20型(最高出力150ps/最大トルク20kgm)の2本立てとなりました。

スバル インプレッサ G4  2.0i-S EyeSight 2015 (出典:subaru.jp)

スバル インプレッサ G4 2.0i-S EyeSight 2015

トランスミッションは、1.6L/2L共に従来の4速トルコン式に替えてCVT(リニアトロニック)が採用された他、1.6Lのみに5速MTが設定されました。又、1.6Lのエントリーグレードを除くCVT車に、アイドリングストップ機構が採用されました。こうしたパワートレインのリニューアルにより、動力性能・燃費共に先代よりも向上しました。

スバル インプレッサ G4  2.0i-S EyeSight 2015 (出典:subaru.jp)

スバル インプレッサ G4 2.0i-S EyeSight 2015

駆動方式は、1.6L/2L共にFFとフルタイム4WDが設定されます。装備面では、2L車に安全運転支援システム「EyeSight(Ver.2)」搭載グレードが設定された事が最大のトピックとなりました。そして2013年11月に一部改良が実施され、静粛性やハンドリングの改善、助手席パワーシートの設定などの変更が行われました。

スバル インプレッサ SPORT 2.0i-S EyeSight 2015 (出典:subaru.jp)

スバル インプレッサ SPORT 2.0i-S EyeSight 2015

翌2014年11月に初のマイナーチェンジを実施し、フェイスリフトにより外観のイメージをリフレッシュすると共に、内装の変更やドライブアシスト装置「SI-DRIVE」搭載など装備の充実が図られました。又、2L車の燃費がエンジンのフリクション低減などの対策により向上した他、EyeSightが更なる高性能・高機能化を推し進めたVer.3に変更されました。

ハイブリッドモデルを追加

そして2015年6月、スバルとして「XVハイブリッド」に次ぐハイブリッド車第2弾となる「スポーツハイブリッド」が追加されました。文字通りハッチバックのスポーツのみに設定され、パワートレインは、XVハイブリッドと基本的に共通のFB20型エンジンとモーター及びモーター内蔵型CVTの構成によるシステムに、改良を加えたものが搭載されました。

スバル インプレッサ SPORT HYBRID 2.0i-S EyeSight 2015 (出典:subaru.jp)

スバル インプレッサ SPORT HYBRID 2.0i-S EyeSight 2015

更に、ガソリン車に対し足回りのセッティング変更が行われた他、内外装の差別化も行われました。外装面では専用フロントバンパーやエアロパーツなどが採用され、それに伴いボディサイズは全長が5mm、全幅が15mm、全高が25mm拡大されました。又、車両重量は大幅に増加し、1,490kg~1,500kgとなりました。駆動方式はフルタイム4WDのみの設定で、EyeSightはVer.2が搭載されました。

インプレッサは、優れたトータルバランスや先進の安全装備が好評で、国内におけるスバルの登録車としては「レヴォーグ」と並ぶ売れ筋モデルとなっています。又、2012年にグッドデザイン賞に選定されるなど、デザイン面でも高い評価を得ています。

インプレッサの購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK