トヨペット マスターライン (初代 1955-1959):トヨペット・マスターをベースとした商用車版 [RR10]

トヨペット マスターライン (初代 1955-1959)

トヨタ自動車は1955年11月、同年1月にタクシー用途などを見込んで発売した4ドアセダン型乗用車「トヨペット・マスター」をベースとした商用車「トヨペット・マスターライン」をリリースしました。シャシーやメカニズム、Bピラーより前のボディパネルなどはマスターと基本的に共通で、短命に終わったマスターよりも長いライフスパンを保ちました。

バンとピックアップを用意

トヨペット マスターライン (初代 1955-1959)

ボディの設計および製造はトヨタ自製ではなく、関東自動車工業の手により行われました。ボディタイプは、当初3ドアライトバン(RR17型)と2ドア・シングルシート(1列シート)仕様のピックアップトラック(RR16型)の2種類がラインナップされました。エクステリアは、フロントまわりの意匠などはマスターと共通でした。

ボディ・ディメンションは、両モデルともに全長4,275mm×全幅1,670mm×全高1,600mm、ホイールベース2,530mmで、マスターとの比較では全高が50mm高められたことをのぞき同一でした。また、車両重量はライトバンが1,235kg、ピックアップが1,180kgで、最大積載量は前者が500kg、後者が750kgとなっていました。

駆動方式はFRが踏襲され、エンジンもマスター譲りの水冷1.5L直4OHVのR型(最高出力48ps/4,000rpm・最大トルク10kgm/2,400rpm)が搭載されました。組み合わせられるトランスミッションもマスター同様、3速コラム式MTでした。サスペンションは、4輪リジッド・アクスル/リーフ式の形式が踏襲された一方、大きな荷重の掛かる貨物仕様車であるためスプリングレートは変更されていました。

M/Cでエンジンを強化

トヨペット マスターライン (初代 1955-1959)

ステアリング形式はマスター同様のウォーム・セクター・ローラー式で、タイヤも同じく6.00-16サイズが装着されました。乗車定員はライトバンが6名、ピックアップが3名でした。そして翌1956年にマイナーチェンジが実施され、フロントグリルの意匠が変更されるとともに、ピックアップはスペアタイヤの搭載場所が荷台からボディ下部に変更され、荷台スペースの拡大が実現しました。

同時に、エンジンのアウトプットが最高出力55ps/4,400rpm・最大トルク10.5kgm/2,600rpmに向上しました。また、この年の8月に、2ドア・ダブルシート(2列シート6人乗り仕様)のダブルピックアップ(RR19型)が追加されました。ボディサイズは全長4,285mm×全幅1,675mm×全高1,630mmと他のボディよりも僅かに大きく、最大積載量は500kgとなっていました。

エクステリアは、マスター譲りのラップアラウンド・リアウィンドウが備わるなど、スタイリッシュな仕上がりが特徴でした。そして1959年3月にフルモデルチェンジが実施され、2代目RS20系に移行しました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

トヨタその他 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ