トヨタ スターレット (2代目 1978-1984):先代からボディタイプやメカニズムを一新 [P6♯]

トヨタ スターレット 3dr 1978

1973年に「パブリカ」の上級モデルとして発売された「スターレット」は、1978年2月にフルモデルチェンジを受け2代目モデルに移行しました。ボディタイプやエンジン、リアサスペンション形式が変更されるなど、先代から全面的なリファインが図られました。又、パブリカの廃止により同社のエントリーモデルとしての位置付けとなりました。

ハッチバックボディを採用

ボディタイプは、先代の3ボックス型2ドアクーペ/4ドアセダンから2ボックス型3ドア/5ドアハッチバックに変更されました。直線基調のプレーンなフォルムを持つボディのサイズは全長3,680mm×全幅1,525mm×全高1,380mmで、先代から全長・全幅が縮小され全高は高くなりました。又、ホイールベースは35mm延長され2,300mmとなりました。

サスペンション形式は、フロントは先代同様のフマクファーソンストラット式を踏襲し、リアはリジッド式を受け継ぎながらも半楕円リーフ式から4リンク/コイル式に変更されました。駆動方式は先代同様のFRで、エンジンは先代に搭載されていた1.2L直4OHVの3K-U型をストロークアップして1.3Lとした4K-U型(最高出力72ps/最大トルク10.5kgm)に置換されました。

トヨタ スターレット 3dr 1978

トランスミッションは先代同様、4速/5速MTと2速トルコン式ATが設定されました。又、ブレーキは同クラスの国産車として初めて全車にフロント・ディスクブレーキが採用されました。一方、インテリアはエクステリア同様先代から大きく様変わりし、インパネのデザインがスポーティ路線から一般的なコンパクトカー路線に変更されました。

発売時のグレード体系は、下から「スタンダード」「DX」「XL」「S」「SE」の5タイプでした。そして同年10月に、5ドアハッチバックのリアオーバーハングを延長したボディに3K-U型エンジンを搭載した商用モデル5ドアバンが追加されました。次いで1979年3月に、エンジンの改良によるドライバビリティ向上や燃費改善が図られました。

トヨタ 1300/スターレットのCM

トヨタ スターレット CM

土屋圭市氏によるKP61スターレットのドライビングシーン

《ENG-Sub》土屋圭市 × KP61スターレット【Best MOTORing】2000

EFI仕様エンジンを追加

続いて1980年5月のマイナーチェンジでフェイスリフトが実施され、ヘッドランプが丸型2灯式から角形2灯式に変更されました。同時に、女性ユーザーを意識した新グレード「リセ」が追加されました。次いで1981年8月に実施された2度目のマイナーチェンジでは、エンジンの改良によりアウトプットが2ps/0.2kgm向上した他、ATが3速化されました。

トヨタ スターレット 5dr 1980

又、一部グレードにアイドリング時にエンジンを停止する「エコランシステム」が採用されました。続いて1982年1月に、バンのエンジンが1.3Lの4K-J型に置換されました。次いで同年8月に3度目のマイナーチェンジが実施され、内外装の変更などと共に1.3L EFI仕様の4K-EU型エンジン(最高出力79ps/最大トルク11.7kgm)を搭載する「XL-EFI」「SE-FEI」「Si」が追加されました。

そして1984年1月にフルモデルチェンジが実施され、3代目スターレット(P7♯型)に移行しました。

トヨタ スターレット (3代目 1984-1989):駆動方式をFFに変更しエンジンラインナップも一新 [P7♯]
1973年に「パブリカ」の上級モデルとしてデビューした「スターレット」は、1984年10月に6年ぶり2度目のフル...

前モデル:初代パブリカ スターレット

トヨタ パブリカ スターレット (初代 1973-1978):パブリカの一クラス上に位置するモデルとしてデビュー [P4♯/P5♯]
トヨタ自動車は1973年4月、「パブリカ」の一クラス上に位置する新型大衆車「パブリカスターレット」を発売しました...

トヨタのコンパクトカーを検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

スターレット 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
びぃくるずをフォローする
びぃくるず