TVR タモーラ (2001-2006):グリフィス/キミーラの後継モデルとして登場

TVR タモーラ (2001-2006)

イギリスのスポーツカー専門メーカーであったTVRは、2001年に新型2シーター・スポーツカー「タモーラ」を発売しました。1992年リリースの2代目「グリフィス」や1994年リリースの「キミーラ」の実質的な後継モデルで、同社のポリシーに則り、軽量化を図ったボディに大排気量・大パワーのエンジンが組み合わせられました。その後2006年に、TVRの経営破綻に伴い生産終了となりました。

ボディはロードスターのみ

TVR タモーラ (2001-2006)

ボディの構造はグリフィス/キミーラなど他の同社製モデル同様、チューブラフレームとFRPボディの組み合わせで、ボディタイプはソフトトップが備わる2ドア・ロードスターのみの設定でした。スタイリングは、ロングノーズ・ショートデッキのプロポーションや丸みを帯びたフォルムなど、グリフィス/キミーラの特徴が踏襲されました。

TVR タモーラ (2001-2006)

ボディ・ディメンションは全長3,925mm×全幅1,715mm×全高1,204mm、ホイールベース2,361mmで、グリフィス/キミーラから全幅が縮小されていました。このディメンションは、ロータスのライトウエイトスポーツカー「エリーゼ」より全長が若干長い程度のコンパクトなものでした。車両重量は1,060kgで、キミーラと同等でした。

自製の3.6Lエンジンを採用

TVR タモーラ (2001-2006)

サスペンション形式はグリフィス/キミーラ同様の4輪ダブルウィッシュボーン式で、駆動方式も同社伝統のFRが踏襲されました。エンジンはそれまでのローバー製V8に代わり、TVR自製の3.6L直6DOHC24バルブNA(最高出力350ps/7,500rpm・最大トルク40.1kgm/5,750rpm)が採用されました。トランスミッションは5速MTが組み合わせられ、最高速度282km/h、0-60mph加速4.2sの性能を発揮しました。

ステアリング形式はパワーシスト付きのラック&ピニオン式で、ロック・トゥ・ロック2回転のクイックなギアレシオが備わっていました。また、ブレーキはフロントに304mm、リアに282mmのローターが備わる4輪ベンチレーテッド・ディスク式が採用され、ホイール&タイヤは前後ともに8.5J×16インチホイール+225/50ZR16タイヤが装着されました。

のちにエアコンを標準化

TVR タモーラ (2001-2006)

安全装備面では、TVRの文法に則りABSやエアバッグシステム、横滑り防止装置、トラクションコントロールなどを持たない割り切った設計が行われていました。一方快適・豪華装備面では、パワーウィンドウや集中ドアロック、レザーステアリング&レザーシート、CDプレーヤー付カーオーディオなどが標準で備わっていました。また、当初はエアコンの設定がなかったものの、のちに標準装備されました。

日本市場においては、2002年から2005年にかけて右ハンドル仕様車が正規輸入されました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

その他メーカー 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ