日産 ローレル (初代 1968-1972):ブルーバードの上位に位置するハイオーナーカー [C30]

日産 ローレル 2ドアハードトップ 1968

日産自動車は1968年4月、ミディアムモデル「ブルーバード」とプレミアムモデル「セドリック」の間を埋める新型ハイオーナーカー「ローレル」を発売しました。ロングノーズ・ショートデッキのプロポーションや510型ブルーバード譲りの4輪独立懸架サスペンションが備わる他、同社初となるセンターピラーレスの2ドアハードトップが設定された事が特徴でした。

プリンス製エンジンを採用

ボディタイプは当初は4ドアセダンのみの設定で、ブルーバードやセドリックなどと異なりステーションワゴンやライトバンは最後まで用意されませんでした。ブルーバード510型にも通ずる直線基調のシャープなフォルムを持つボディのサイズは、全長4,305mm×全幅1,605mm×全高1,405mmで、全長・全幅はブルーバードとセドリックの中間程度の大きさでした。

日産 ローレル セダン 1968

一方、全高は両モデルよりも低く、ホイールベースはセドリックに迫る2,620mmに設定されていました。サスペンション形式は、ブルーバードと同様のフロント:マクファーソンストラット式/リア:セミトレーリングアーム式で、駆動方式も同様にFRが採用されました。エンジンは日産製のL型を搭載するブルーバードなどと異なり、プリンス製のG型が採用されました。

日産 ローレル セダン 1968

当初用意されたのは1.8L直4SOHCシングルキャブレター仕様のG18型(最高出力100ps/最大トルク15kgm)で、トランスミッションは4速MTが組み合わせられ、最高速度165km/hの性能を発揮しました。そして翌1969年4月に、3速トルコン式AT「ニッサン・フルオートマチック」仕様車が追加されました。

2L車を追加

次いで1970年6月、前述した2ドアハードトップが追加になりました。エクステリア面では、流麗なセミ・ファストバックのスタイリングと「ハミングランプ」と呼ばれる3連シーケンシャル式リアコンビネーションランプが特徴で、インテリア面ではセダンと異なる角型3眼式メーターが採用されました。

日産 ローレル 2ドアハードトップ 1968

エンジンはセダンと共通のG18型の他、2L直4SOHCのG20型シングルキャブレター仕様及びSUツインキャブレター仕様が用意されました。G20型の最高出力/最大トルクは、シングルキャブレター仕様が110ps/16.5kgm、SUツインキャブレター仕様が125ps/17.5kgmで、最高速度はそれぞれ170km/h、180km/hでした。グレード体系は、「1800」「2000」「2000GX」のラインナップでした。

日産 ローレル 2ドアハードトップ 1968

追って同年8月にセダンのマイナーチェンジが実施され、メーターパネルがハードトップと共通の意匠に変更されると共に上級グレード「GL」が追加され、次いで1971年7月にはセダンにG20型エンジン搭載車が追加されました。そして1972年4月にフルモデルチェンジが実施され、2代目C130型に移行しました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ローレル 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
ビークルズをフォローする
ビークルズ