スバル レガシィ (2代目 ’93-’98):洗練度を増し連続ヒットモデルに [BD/BG]

シェアする

スバル レガシィ ツーリングワゴン 2.0GT spec.B 1993

スバル レガシィ ツーリングワゴン 2.0GT spec.B 1993

1989年に初代モデルがデビューした富士重工業の4ドアセダン/ステーションワゴン「スバル・レガシィ/レガシィツーリングワゴン」は、1993年10月に初のフルモデルチェンジが実施され2代目モデルに移行しました。先代から基本コンセプトを踏襲しつつ、ボディ剛性や居住性、動力性能の向上などが図られ、総合的な完成度に磨きが掛かったモデルとなりました。

ボディサイズ、ホイールベースを拡大

スタイリングはウェッジシェイプのフォルムなど、先代から基本的なイメージが受け継がれました。初期型のボディサイズは、セダンが全長4,595mm×全幅1,695mm×全高1,385~1,405mm、ツーリングワゴンが全長4,670mm×全幅1,695mm×全高1,490mmで、共に先代から若干拡大されました。又、ホイールベースは共に50mm延長され2,630mmとなりました。

スバル レガシィ ツーリングワゴン 1993

スバル レガシィ ツーリングワゴン 1993

車両重量は大人一人分程増加し、1,130~1,420kgとなりました。サスペンション形式は4輪ストラット式を踏襲し、引き続きエアサスペンション装着車も設定されました。駆動方式は、先代の廉価グレードに設定のあったパートタイム4WDが廃止され、FF又はフルタイム4WDとなりました。エンジンは当初、2L及び2.2Lフラット4がラインナップされました。

スバル レガシィ ツーリングワゴン 2.0GT spec.B 1993

スバル レガシィ ツーリングワゴン 2.0GT spec.B 1993

用意されたのは、EJ20型SOHC NA仕様(最高出力125ps/最大トルク17.5kgm)と同DOHC NA仕様(最高出力150ps/最大トルク18.5kgm)、及び同DOHCツインターボ仕様(最高出力250ps/最大トルク31.5kgm)の2Lユニット3種類と、ツーリングワゴンのみに設定される2.2L SOHC NAのEJ22型(最高出力135ps/最大トルク19kgm)で、いずれも先代に搭載されたユニットの改良型でした。

スバル レガシィ ツーリングワゴン Outback 1995

スバル レガシィ ツーリングワゴン Outback 1995

トランスミッションは2Lには5速MT又は4速トルコン式ATが、2.2Lには4速トルコン式ATが組み合わせられました。そして翌1994年6月に、先代に用意されていた1.8Lフラット4SOHC NAのEJ18型エンジン(最高出力115ps/最大トルク15.7kgm)搭載グレードが復活しました。更に同年10月、2.5Lフラット4DOHC NAのEJ25型エンジン(最高出力160ps/最大トルク21.5kgm)搭載グレードが追加されました。

スバル レガシィのCM

ビッグM/Cで完成度が更に向上

同時に、ツーリングワゴンのEJ22型エンジン搭載グレードは廃止されました。次いで1995年8月に、ツーリングワゴン2.5L車をベースにクロスオーバーSUV風に仕立てた「グランドワゴン」が追加されました。続いて1996年6月にビッグマイナーチェンジが実施され、プラットフォームやパワートレインのリファインなどを含む総合的な完成度向上が図られました。

スバル レガシィ RS 1996

スバル レガシィ RS 1996

エンジンは環境性能やドラバビリティの改善と共に、スペックがEJ18型が5ps/1kgm、EJ20型SOHCが10ps/1kgm、同DOHC NAが5ps/0.5kgm、同ターボMT車が30ps/3kgm、同AT車が10ps/1kgm、EJ25型が15ps/2kgそれぞれ向上しました。又、4WD車に4ABSが標準装備された他、セダン/ツーリングワゴンのトップグレードRS/GT-Bにビルシュタイン製ダンパーが採用されました。

次いで1997年8月にグランドワゴンが廃止され、それに代わるモデル「ランカスター」が発売されました。そして1998年6月にフルモデルチェンジが実施され、3代目BE/BH系に移行しました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

[PR]

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます