トヨタ 新型ノア/ハイブリッド値引き相場2017年6月-納期/実燃費/価格の評価

シェアする

トヨタ ノア 2015

トヨタ 新型ノア/ハイブリッドの値引き/納期/実燃費レポート

(2017年6月1日更新)

トヨタ「カローラ店」より販売されるミディアムクラス・ミニバン「ノア」は、姉妹車種の「ヴォクシー」と共に2014年1月にフルモデルチェンジを実施し、3代目の現行型になりました。大人しい雰囲気だった先代と異なる押し出しの効いたエクステリアに変わると共に、フロアの刷新により居住性が改善した事が特徴でした。又、歴代モデル初のハイブリッド車がラインナップに加わりました。

トヨタ 新型ノア/ハイブリッドの値引き相場

  • オプション含む平均値引き相場:33万円
  • 車両本体の値引き目標額:30万円

トヨタ 新型ノア/ハイブリッドの値引き難易度:B

(A:甘い ~ E:厳しい)

同クラスでトップクラスの人気を誇るトヨタ ノア。現モデルから待望のハイブリッドが追加。またライバルと比べて短かった全長による室内長の短さも全長を伸ばして改善したため、パッケージングでもライバルに引けを取らない存在となっています。

人気車であるものの、ステップワゴンやセレナなどがフルモデルチェンジで商品力をアップしてきたので、それなりの値引きを引き出すことが可能です。

トヨタ 新型ノア/ハイブリッドの納期:標準

  • 納期:1ヵ月~3ヵ月

発売当初はクラス初のフル・ハイブリッドが設定されたこともあり、非常に長い納期となりましたが、現在では落ち着き納期は標準レベルにあります。

新型ノアの値引き相場がわかったら、次にすべき事

トヨタ ノア 2015

「新型ノア/ハイブリッドの値引き相場がわかった!すぐに商談に行く!」。しかし、焦りは禁物。商談を始める前に、今乗っている車の一括査定が必須です。

自分の車の相場を把握しておかずに商談に入ると、新型ノア/ハイブリッドの魅力と「すぐ決めて頂ければ値引きを…」という甘い誘いに負け、下取り額に対してルーズになってしまい、買換え全体では損をする事になります。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットで今すぐできる「一括査定サービス」を使ってみましょう。複数社に査定してもらうと査定の差額は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら簡単な入力が完了するとすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに調べる 新型ノア/ハイブリッドを見に行って下取り査定を受ける前に、愛車の買い取り相場を調べておくのが失敗を防ぐ大きなポイントです。

btn_8190_600x100

トヨタ ノアのグレード別 新車価格とJC08モード燃費

ハイブリッド FF 2WD (1.8L+モーター、7人乗り)

グレード 燃料消費率 価格(税込)
特別仕様車
HYBRID Si“W×B”
23.8km/L 3,321,000円
HYBRID Si 23.8km/L 3,229,200円
HYBRID G 23.8km/L 3,106,473円
HYBRID X 23.8km/L 2,996,509円

ガソリン FF 2WD (2.0L)

グレード 2WD 4WD
特別仕様車
Si“W×B”(7人乗り)
2,830,680円 3,025,080円
特別仕様車
Si“W×B”(8人乗り)
2,800,440円 2,994,840円
Si (7人乗り) 2,739,273円 2,933,673円
Si (8人乗り) 2,708,837円 2,903,237円
G (7人乗り) 2,725,527円 2,930,727円
G (8人乗り) 2,695,091円 2,900,291円
X (7人乗り) 2,480,073円 2,685,273円
X (8人乗り) 2,449,637円 2,654,837円
X“V Package”(7人乗り) 2,284,691円 2,489,891円
X“V Package”(8人乗り) 2,254,255円 2,459,455円

※価格は2016年2/20現在のメーカー小売希望価格(税込)です。最新の価格はメーカー公式HP、またはディーラーでご確認下さい。

btn_8190_600x100

トヨタ ノア/ハイブリッドのグレード選び

パワートレイン

パワートレインはハイブリッド(1.8L+モーター)、2.0Lガソリンの2種類。4WDはガソリンの全グレードに設定がありますが、ハイブリッドは2WDのみとなります。

グレード

基本的なグレード構成は最廉価となるベースグレードの「X“V Package”」(ガソリンのみ)、エントリーグレードの「X」、中間グレードの「G 」、エアロを装着した上級グレードの「Si」があります。

ノア/ハイブリッドの実燃費(2名乗車時の目安)

ハイブリッド車の実燃費

  • 高速道路中心の燃費:17~20km/L
  • 郊外・幹線道路の燃費:18~21km/L
  • 渋滞のある市街地の燃費:14~19km/L

ガソリン車の実燃費

  • 高速道路中心の燃費:15~18km/L
  • 郊外・幹線道路の燃費:11~14km/L
  • 渋滞のある市街地の燃費:9~12km/L

ノア ハイブリッドはEV走行が可能なフル・ハイブリッド方式ということもあり、特に市街地走行では同クラスのミニバンとしては突出した燃費性能を誇ります。一方で高速走行ではモーターの出番が少なく、ガソリン車との燃費差は僅かとなります。

ガソリンエンジン車もハイブリッド程の燃費ではないものの、3列シートを持つミニバンとしてはそこそこの高燃費と言えます。

価格帯

2WDでの価格は、「X“V Package”(8人乗り)」(ガソリン)の2,254,255円から「特別仕様車 HYBRID Si“W×B”」の3,321,000円までで、価格差は106万円となっています。

2016年7月6日 ノア特別仕様車 Si“W×B” 追加

「Si」(ガソリン車・ハイブリッド車)をベースとして、内装に専用内装色(ブラック×ブラック)を特別設定。天井やピラーなどのインテリアをブラックで統一するとともに、センタークラスターパネルなどにピアノブラック塗装を施した。

ファブリックと合成皮革を組み合わせたシート表皮にホワイトのステッチを施した専用シートを採用。外装は、フロントフードモールやフロントバンパーロアモールにスモークメッキ加飾を施した。

ワンタッチスイッチ付デュアルパワースライドドアを特別装備したほか、アクセルペダルを踏まずに定速走行できるクルーズコントロールを装備するなど機能を充実。外板色には特別設定色アイスチタニウムマイカメタリックを含む全4色を設定。

主な特別装備

  • 内装色 ブラック×ブラック(特別設定)
  • 専用シート表皮(合成皮革+ファブリック&ホワイトステッチ/消臭機能付)
  • フロントグリル(ベース部)/LEDヘッドランプ/LEDクリアランスランプブラック塗装
  • フロントグリルモールダークメッキ
  • フロントフードモール/フロントバンパーロアモール/バックドアガーニッシュスモークメッキ
  • フロントフォグランプスモークメッキベゼル
  • アウトサイドドアハンドル/インサイドドアハンドル(フロント)メッキ
  • センタークラスターパネル/サイドレジスターベゼル/マルチインフォメーションディスプレイフードピアノブラック
  • ワンタッチスイッチ付デュアルパワースライドドア
  • クルーズコントロール
  • 専用エンブレム(ハイボスカル製)

btn_8190_600x100

トヨタ ノア/ハイブリッドの競合はコレ!

ノア/ハイブリッドを安く購入する為には、前もって競合車種の見積もりを取っておきましょう。競合車種とポイントは以下の通りです。

トヨタ ヴォクシー/ハイブリッド

トヨタ ヴォクシー HYBRID X '15

トヨタ ヴォクシー HYBRID X ’15

ノアとは兄弟車となるトヨタ ヴォクシー。オーソドックスなノアに対し、スポーティーなデザインのヴォクシーは子育て世代の若いユーザーに人気があり、ノアよりも販売台数が多い状況です。

同じトヨタではありますが、販売店の系列が違うので競合させることが可能です。あまりにも露骨な競合だと嫌がられますが、普通に検討対象に両方入っている事は普通ですので、営業マンがライバル意識を燃やしている場合は、しっかり値引きを引き出しましょう。

ホンダ ステップワゴン

ホンダ ステップワゴン '15

ホンダ ステップワゴン ’15

ノア/ヴォクシーの最有力ライバルと言えるのがホンダ ステップワゴンです。ヴォクシーのハイブリッドとは違い、新開発の1.5Lターボエンジンを搭載する事で低燃費を実現しつつ、車両価格のアップを抑えると同時に、バッテリーに車内スペースを取られず広い室内空間を実現しています。

また、「わくわくゲート」と名付けられたバックドアの横開き機構により、狭いスペースでのバックドアの開け閉めが楽になったり、乗り降りもできる新装備となっています。値引き額もそれなりに出しているので、ノアと競合させる事で大きな値引き額を引き出しましょう。

btn_8190_600x100

トヨタ ノア/ハイブリッド商談のすすめ方

ノア/ハイブリッドの値引きを引き出すにあたっては、上記のヴォクシー、ステップワゴンの見積もりを事前に入手してから臨みましょう。他社ライバル車種や同じクラスの車種の見積もりを比較する事で、購入に対する本気度も伝わり、ノア/ハイブリッドの値引きを引き出し易くなります。

トヨタ ノア/ハイブリッドの弱点は?

ライバルに対する弱点:なし

セレナ、ステップワゴンなどのライバルに対して負けている部分を徹底的に分析し、改良を行ってきた新型ノア。ハイブリッドをラインナップに加え、目立った弱点はありません。ただ、若い男性にはヴォクシーのデザインのほうが魅力を感じる人も多いと思うので、ヴォクシーとの競合をしっかりと行いましょう。

ヴォクシー/エスクァイアの購入を検討中なら、こちらもチェック!

ノア/ヴォクシーの買取り・下取り査定相場を知りたいなら

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK