ルノー ウインド (2012):新車購入インプレッション/評価

シェアする

これまでの車人生において、3台のオープンカーに乗りましたが、その最後の1台がルノー・ウインド(型式ABA-ENK4M)です。購入したモデルは2012年式で、ルノーの正規ディーラーより新車で手に入れました。

価格は、オプションのスポーツマフラーとカーナビ、及びバックカメラを付けて、総額で330万円程でした。本当は、シートヒーターの付く限定モデルが欲しかったのですが、既に完売で手に入らず、通常モデル「1.6」で妥協しました。

オープン走行が気持ち良かったので

購入の経緯ですが、その少し前にスマートフォーツーを購入しており、それ1台で何処にでも出掛けていたのですが、さすがに高速道路を利用してのロングドライブには不向きな為、もう1台買い増しする事にしました。以前乗っていた事のあるコペンのオープン走行が気持ち良かったので、再度オープンスポーツカーを検討した結果、白羽の矢が立ったのが、ルノー・ウインドでした。

マツダ・ロードスターも検討したのですが、当時既に新型の噂が出始めており、買った後程なくして新型が出たら悔しいので、そちらは止めました。ウインドの最大の魅力のポイントは、スタイリングとコンパクトなボディサイズです。

ミッドシップのように見える遊び心あるスタイリング

スタイリングは、やはり国産車とは一味違うセンスを感じさせ、大人が乗っても様になるのが嬉しい点でした。又、FF方式なのに、わざとミッドシップのように見える雰囲気を持たせており、そうした遊び心にも惹かれました。

そして、ボディサイズは昨今では珍しい5ナンバーサイズで、狭いワインディングロードを走るには大きな武器になると考えました。ただ、Bピラーが太く、リアウィンドウが小さい為、後方及び斜め後方視界が不安でしたが、試乗した結果何とかなる範疇だと感じたので、購入に踏み切りました。

FFとは思えない程グイグイ曲がるハンドリング

納車されると、すぐに筑波パープルラインまで走りに行きました。そこで感じた事は、エンジンは1.6LのNAながら十分な力があり、上り坂でも痛痒を感じない事と、FFとは思えない程グイグイ曲がるハンドリングの良さでした。特に、ハンドリングはさすがゴルディーニが設計に携わっているだけの事はあると、膝を打ちたくなりました。とにかく、アンダーステアやタックインなどは殆ど感じられず、思った通りのラインをトレース出来るのが快感でした。

ただ、購入当初は、ミッションをセカンドからサードに入れる際、引っ掛かってうまく入らない事があり、この点だけは少々気になりましたが、慣らしが進行するとその問題もほぼ解消しました。

そして、ボタンひとつでスピーディーに屋根が開く点もウインドの魅力の一つで、かつタルガトップ風である為、オープン時にも適度な囲まれ感があるのもメリットでした。現在は手放してしまいましたが、なかなか個性的で面白い車だったので、今になって少々後悔しています。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

[PR]

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます