マセラティ MC12 (’04-’05):ホモロゲーションモデルとして開発されたロード・レーシング

シェアする

マセラティ MC12 2004 (出典:favcars.com)

マセラティ MC12 2004 (出典:favcars.com)

マセラティはFIA GT選手権に参戦する為のホモロゲーションモデル「MC12」を開発、2003年のジュネーブ・ショーに初出展し、翌2004年からデリバリーを開始しました。ベースとなったのは2002年に登場したフェラーリのスーパーカー「エンツォ・フェラーリ」で、ロードバージョンは高い走行性能と共に豪華な仕様を併せ持つ点が特徴でした。

グループCカー並みに大柄なボディ

ボディ構造は、CFRPとノーメックスにより生成されるバスタブ型モノコックのリアにアルミ製サブフレームを結合したシャシーに、当時フィアットのデザイナーであったフランク・ステファソンの設計によるカーボン製ボディを架装したものでした。ボディタイプはフィクスドヘッドのエンツォ・フェラーリと異なり、デチャッタブルトップを備えていました。

マセラティ MC12 2004 (出典:favcars.com)

マセラティ MC12 2004 (出典:favcars.com)

ボディサイズは全長5,143mm×全幅2,096mm×全高1,205mmで、エンツォ・フェラーリよりも一回り大きく、全長はかつてのグループCカーに匹敵する長大なものでした。又、ホイールベースは150mm長い2,800mmに設定され、車両重量は80kg重い1,335kgでした。サスペンション形式は、エンツォ・フェラーリと同様の4輪ダブルウィッシュボーン式が踏襲されました。

マセラティ MC12 2004 (出典:favcars.com)

マセラティ MC12 2004 (出典:favcars.com)

4輪ベンチレーテッド・ディスク式ブレーキのキャリパーは、フロントに6ポッド、リアに4ポッドが採用されました。ホイール&タイヤサイズは、エンツォ・フェラーリと同一のフロント:9.0J×19+245/35ZR19/リア:13J×19+345/35ZR19ながら、タイヤの銘柄はそれと異なりピレリ・P-ゼロコルサが採用されました。

エンジンはエンツォ・フェラーリと共通

マセラティ MC12 2004 (出典:favcars.com)

マセラティ MC12 2004 (出典:favcars.com)

ミッドシップマウントされるエンジンは、これもエンツォ・フェラーリと同一の6L V12DOHC48Vのディーポ140型で、11.2:1の圧縮比から最高出力630ps/7,500rpm・最大トルク66.5kgm/5,500rpmのアウトプットを発生しました。このスペックは、エンツォ・フェラーリよりも30ps/0.5kmg低いものでした。トランスミッションは、カンビオコルサと呼ばれる6速セミATが組み合わせられました。

マセラティ MC12 2004 (出典:favcars.com)

マセラティ MC12 2004 (出典:favcars.com)

パフォーマンスは最高速度330km/h・0-60mph加速3.8sで、最高速度350km/hを誇るエンツォ・フェラーリには一歩及ばなかったものの、ロードカーとして第一級のものでした。一方インテリアは、ブルーのレザーや新素材のブライトテックス、アルミやカーボンファイバーなどの素材が使用され、ホモロゲーションモデルながらシックな雰囲気に仕上げられていました。

マセラティ MC12 2004 (出典:favcars.com)

マセラティ MC12 2004 (出典:favcars.com)

装備面では、カーオーディオこそ備わらないものの、エアコンやパワーウィンドウ、アナログ時計が標準装備されました。MC12のロードバージョンは、25台が製造・販売されました。又、コンペティションモデルは2005年のマニファクチャーズ・タイトル獲得をはじめ、期待に違わぬ戦績を収めました。

人気車を購入検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

[PR]

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます