ホンダ S500 (AS280 1963-1964):画期的なメカニズムを採用したホンダ初の普通乗用車

ホンダ S500 1963-64

ホンダ S500 1963-64

ホンダの2シータースポーツカー「S500」は、1962年10月に開催された全日本自動車ショー(東京モーターショーの前身)に弟分の「S360」と共に出展されました。S360は結局市販化される事なくお蔵入りとなったものの、S500は翌1963年10月、同社初の普通4輪乗用車として販売が開始されました。2輪車で培った技術を生かした高回転高出力エンジンや独自のメカニズムを採用し、国内外から注目を集めました。

スタイリングや基本構造はオーソドックス

スタイリングは、「スプリジェット」(オースチン・ヒーリースプライト/MG・ミジェット)などの英国製オープンスポーツカーを参考に社内デザインにより纏め上げたもので、奇をてらわないオーソドックスなプロポーションを備えていました。ボディサイズは全長3,300mm×全幅1,430mm×全高1,200mm、ホイールベースは2,000mmで、当時の軽自動車より一回り大きく、スプリジェットよりは一回り小さいサイズでした。

ホンダスポーツ500 広告キャンペーン記録映画

Honda S500 Japanese Press Launch

車体の基本骨格は、同時代の国産スポーツカーの代表格であった「ダットサン・フェアレディ」などと同様、ラダーフレームと鋼板ボディを組み合わせたもので、世界的にモノコックボディが主流になりつつあった当時においてやや旧式な構造でした。車両重量は675kgで、ボディサイズの割には重い部類でした。サスペンションは、前:ダブルウィッシュボーン/トーションバー式、後:トレーリングアーム/コイル式による4輪独立懸架でした。

高性能エンジンと独自の駆動方式が特徴

エンジンは、2輪グランプリマシンのテクノロジーをフィードバックした531cc水冷4サイクル4気筒DOHC4連キャブレター仕様で、OHVシングルキャブレターエンジンを搭載していたスプリジェットなどより遥かに高度なメカニズムを備えていました。スペックは最高出力44ps/8,000rpm、最大トルク4.6kgm/4,500rpmで、80ps/Lを超える出力は当時の水準を大きく超えており、50ps/L程度であったスプリジェットを遥かに凌ぐものでした。

ホンダ S500 1963-64

ホンダ S500 1963-64

トランスミッションは4速MTで、駆動方式は如何にも2輪車メーカーらしい発想のチェーンドライブによるFRでした。この独自のドライブトレインは、トランクルーム内にスペアタイヤ収納スペースを確保する為のアイデアで、チェーンケースがリアサスペンションのトレーリングアームを兼ねる構造でした。動力性能は最高速度130km/hで、排気量からすれば十分に高性能といえるものでした。

S500はエキセントリックなデビューを飾ったものの、小排気量の高回転型エンジン故に低速トルクが細い欠点がありました。この問題を解消すべく、翌1964年3月に排気量を拡大した「S600」にバトンタッチされた為、生産期間は僅か半年足らずに過ぎず、生産台数はおよそ500台程度に留まりました。

後継モデル:S600

ホンダ S600/S600クーペ (1964-1965):S500の欠点を解消し本格的な量販スポーツカーに
ホンダの2シータースポーツカー「S600」は、1963年10月に同社初の普通4輪乗用車としてデビューした「S50...

ホンダ S660の購入を検討中なら、こちらもチェック!