TVR グリフィス (2代目 1992-2001):初代グリフィス400の生産終了から27年ぶりに復活

TVR グリフィス 2代目

イギリスのスポーツカー専門メーカーであったTVRは、1992年に新型2シーター・スポーカー「グリフィス」を発売しました。初代にあたる「グリフィス400」が1965年に生産終了となって以来、同じ車名を名乗るモデルがリリースされるのは27年ぶりのことでした。同社伝統のチューブラフレーム+FRPボディの組み合わせを踏襲しながらも、モダンなエクステリアが備わるモデルでした。

オープンボディを採用

TVR グリフィス 2代目

ボディタイプは、初代が2ドア・フィクスドヘッド・クーペであったのに対し、オープンボディの2ドア・ロードスターとなっていました。スタイリングは、TVR車の特徴である超ロングノーズ・ショートデッキのプロポーションを継承しながら、斬新な造形が取り入れられました。ボディサイズは全長3,900mm×全幅1,869mm×全高1,194mmで、1.2mを下回る低い車高が特徴でした。

TVR グリフィス 2代目

ホイールベースは2,286mmと全長の割に短く、車両重量は1トンを切る980kgに抑えられていました。サスペンション形式は、同社の定番である4輪ダブルウィッシュボーン式を踏襲し、駆動方式もコンベンショナルなFRが踏襲されました。エンジンはローバー製のV8OHVで、当初は3.9L (最高出力243ps/最大トルク38kgm)のみが用意されました。

TVR グリフィス 2代目

トランスミッションは5速MTが組み合わせられ、最高速度238km/h・0-60mph加速4.9sの動力性能を発揮しました。ステアリング形式はパワーアシストを持たないラック&ピニオン式で、ブレーキは4輪ベンチレーテッド・ディスク式が採用されました。また、装備面ではABSやエアバッグなどの安全装備を持たないスパルタンな仕様となっていました。

TVR グリフィス500の走行シーン

TVR Griffith 500

高性能版を追加

一方で、エアコンやCDプレーヤー付カーオーディオ、レザーステアリング&レザーシートなどの快適・豪華装備は標準で備わっていました。そして翌1992年に、4.3L V8OHVエンジン(最高出力284ps/最大トルク42.1kgm)がオプション設定されました。このエンジンを選択した場合、パフォーマンスは最高速度250km/h・0-60mph加速4.4sに向上しました。

TVR グリフィス 2代目

さらに1993年には、5L V8OHVエンジン(最高出力345ps/最大トルク48.3kgm)を搭載し、最高速度253km/h・0-60mph加速4.6sの性能を持つ「グリフィス500」が追加されました。その後1999年に実質的な後継モデル「タスカン」がデビュー、それにともないグリフィスの生産は2001年に打ち切られました。

TVR グリフィス 2代目

日本市場においては、1993年3月に4Lエンジン搭載の「ブラックプールB275」と4.3Lエンジン搭載の「ブラックプールB340」が上陸を果たしました。いずれも、左ハンドル仕様のみの設定でした。当初は5Lエンジン搭載の「500」は導入されず、1999年11月にようやくラインナップに加えられました。

スポーツカーを購入検討中なら、こちらもチェック!

マツダ 新型ロードスター/RF値引き2020年1月-納期/実燃費/価格の評価
マツダ 新型ロードスター/RFの値引き/納期/実燃費レポート (2020年1月2日更新) 世界で一番売れてい...
ホンダS660購入ガイド 値引き/納期/リセールバリュー/長所短所を総合評価
ホンダ S660の新車購入に必要な情報を完全ガイド。S660の値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、S660の...
ダイハツ 新型コペン セロ/ローブ値引き2020年1月-納期/実燃費/価格の評価
ダイハツ 新型コペン セロ/ローブ/XPLAYの値引き/納期/実燃費レポート (2020年1月2日更新) 2...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

その他メーカー 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず-自動車