ジャガーXJ (XJ40 1986-1994):18年ぶりのフルモデルチェンジで内容を一新

ジャガーXJ6 1986

1968年に「Sタイプ」「420」「240/340」に代わるモデルとして誕生したジャガーのFR4ドアサルーン「XJ」は、1986年に18年ぶりのフルモデルチェンジを受け、社内コード「XJ40」とネーミングされた新型に移行しました。プラットフォームやボディ、パワートレインなど、全てにおいて全面的なリニューアルが図られました。

スポンサーリンク
車の買い替えを考え始めたら、下取り査定を受ける前にクルマの値段を把握しましょう。「ナビクル」などのWEBサービスなら、スマホやPCから簡単な入力で手軽に査定額がわかります。

当初は6気筒車のみを用意

先代同様にウィリアム・ライオンズ体制の元で手掛けられたエクステリア・デザインは、4ライトウィンドウから6ライトウィンドウに変更されたものの、基本的なプロポーションは先代のイメージが受け継がれました。ボディサイズは全長4,990mm×全幅1,830mm×全高1,310mmで、先代からそれぞれ30mm×60mm×10mm拡大されました。一方、ホイールベースは不変の2,870mmでした。

ジャガー Sovereign 1986

サスペンションは、フロント:ダブルウィッシュボーン式/リア:ロワウィッシュボーン式の形式を受け継ぎながらも、リアには改良が施されました。エンジンは、当時ジャガーが属していたBLMC上層部からのローバー製V8ユニット搭載指令を拒絶すべく、自社製6気筒エンジンしか搭載出来ないよう敢えてエンジン・ベイが狭く設計されました。

ジャガー Sovereign 1986

その為、当初XJ40系に用意されたのは2.9L直6DOHC ルーカス電子燃料噴射仕様(最高出力167ps/最大トルク24.4kgm)の「XJ6 2.9」と、3.6L直6DOHCルーカス電子燃料噴射仕様(最高出力224ps/最大トルク34.3kgm)の「XJ6 3.6」の2タイプで、V12エンジン搭載車は旧型の「XJ12」が継続販売されました。又、トランスミッションは先代同様5速MT又は3速トルコン式ATとの組み合わせでした。

排気量の拡大と12気筒車の追加

その後、1989年にXJ6 3.6に代わり、3.6Lエンジンのストロークを延長した4Lエンジン(最高出力226ps/最大トルク38.4kgm)を搭載する「XJ6 4.0」が設定され、更に翌1990年にはXJ2.9に代わり、2.9Lエンジンのストロークを延長すると共に4バルブ化した3.2Lエンジン(最高出力203ps/最大トルク30.4kgm)を搭載する「XJ6 3.2」が設定されました。

ジャガー Sovereign 1986

それに伴い最高速度も向上し、前者は219km/hから237km/hに、後者は193km/hから217km/hになりました。その他、フロントにベンチレーテッド型を採用する4輪ディスクブレーキにABSが備わった事も、改良点のひとつでした。又、この年ジャガーはフォード傘下となり、フォード主導によるラインナップ整理政策により1992年にXJ12が生産終了となりました。

ジャガーXJ12 1993

しかし、12気筒車は翌1993年3月、XJ40系にエンジン・ベイを拡大する大改修を施し、6Lに拡大されたV12エンジンを搭載する新型XJ12(XJ81系)となって復活を遂げました。エンジンのアウトプットは最高出力318ps/最大トルク47.3kgmで、最高速度は250km/hに達しました。追って同年秋には、最上級グレード「ソブリン」にホイールベースを115mm延長したLWBバージョンが追加されました。

そして1994年にビッグマイナーチェンジが実施され、X300系に移行しました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ジャガー時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ