マツダ カペラ (4代目 1982-1987):駆動方式をFFに変更すると共にエンジンも一新 [GC]

シェアする

マツダ カペラ 1982

マツダ カペラ 1982

1970年に「ファミリア」と「ルーチェ」の間を埋める小型乗用車として登場したマツダ(当時は東洋工業)の「カペラ」は、1982年9月に4年ぶり3度目のフルモデルチェンジが実施され、4代目モデルに移行しました。駆動方式がそれまでのFRからFFに変更されると共に、エンジンのラインナップが一新されました。

セダンとクーペの2本立てでスタート

ボディタイプは従来同様の4ドアセダンと、2ドアハードトップに代わり設定されたセンターピラー付2ドアクーペの2タイプでのスタートとなりました。スタイリングは、直線基調のボディラインや角形2灯式ヘッドランプ、ボディ側面まで回り込んだリアウィンドウなど、先代のテイストが受け継がれました。又、空力特性も改善されCd値はクーペが0.34、セダンが0.36となりました。

マツダ カペラ 1982

マツダ カペラ 1982

ボディサイズは全長4,515mm×全幅1,690mm×全高1,365mm(クーペ)/1,410mm(セダン)で先代から一回り拡大、ホイールベースは先代同様の2,510mmでした。サスペンション形式はフロントはストラット式を踏襲し、リアは5リンク・リジッド式から「SSサスペンション」と称するマツダ独自のストラット独立懸架式に変更されました。

エンジンは「マグナム」と名付けられた直4SOHCガソリンの新ユニットで、当初1.6Lキャブレター仕様(最高出力90ps/最大トルク13kgm)、1.8Lキャブレター仕様(最高出力100ps/最大トルク15.2kgm)、2L EGI仕様(最高出力120ps/最大トルク17kgm)の3種類が用意されました。トランスミッションは、各エンジンに5速MTと3速トルコン式ATが設定されました。

マツダ カペラ 1982

マツダ カペラ 1982

又、ステアリング形式はそれまでのボール・ナット式からラック&ピニオン式に変更されました。当初のグレード体系は、セダンは下から1.6Lエンジン搭載のSG/SG-L/SG-S、1.8Lエンジン搭載のSG-L/SG-S/SG-X、2Lエンジン搭載のリミテッド/GT-S/GT-X、クーペは1.6Lエンジン搭載のSG-L/SG-S、1.8Lエンジン搭載のSG-S/GT-S、2Lエンジン搭載のGT-Xのラインナップでした。

マツダ カペラのCM

ディーゼル車やガソリンターボ車を追加

インテリア面では、SGを除く全車に後席4ウェイシートが、更にクーペ全車に後席ラウンジソファーシートが採用されました。それに加え、スポーティグレードのGT-S/GT-Xには運転席10ウェイバケットシートが、更にクーペGT-Xのみにデジタルメーターが標準装備されました。そして翌1983年9月、セダンに2Lディーゼル車とタクシー向けの1.8L LPG仕様車が追加されました。

追って翌10月には、最高出力145psを発生する2L EGIガソリンターボ車が追加になりました。次いで1985年5月のマイナーチェンジの際に、姉妹車種の「フォード・テルスター」に設定されていた5ドアハッチバックがラインナップに加わりました。そして1987年5月にフルモデルチェンジが実施され、5代目モデルに移行しました。

アテンザの購入を検討している方はアテンザ値引き相場-納期/実燃費/価格の評価も参照下さい。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK