トヨタ カローラ (2代目 1970-1977):先代からボディサイズや排気量を拡大し上級志向に [E2♯]

シェアする

トヨタ カローラ 4drセダン 1970 KE20

1966年に初代モデルが発売されたトヨタの大衆車「カローラ」は、1970年5月に初のフルモデルチェンジを受け、2代目モデルに移行しました。基本的なコンセプトやメカニズムは踏襲されたものの、ライバル車「サニー」への対抗意識もあり先代からボディが一回り拡大されると共に、追って排気量の大きいエンジンが追加されるなど、上級志向を強めたモデルとなりました。

ボディタイプは5種類に

ボディタイプは、先代同様の2ドア/4ドアセダン及び3ドアライトバンに、2ドアクーペと5ドアライトバンを加えた全5タイプが用意されました。スタイリングは先代のイメージを受け継ぎながらも、より曲線的なフォルムに変貌しました。ボディサイズは、セダンで全長3,945mm×全幅1,505mm×全高1,375mmで、先代から全長が100mm、全幅が20mm拡大されました。

トヨタ カローラ 4drセダン 1970 KE20

又、ホイールベースは50mm延長され2,335mmとなりました。サスペンション形式は、先代同様のフロント:マクファーソンストラット式/リア:リジッド・リーフ式が踏襲され、駆動方式も引き続きFRが採用されました。発売当初用意されたエンジンは、先代からキャリオーバーされた1.2L直4OHVの3K型シリーズで、トランスミッションは4速MTと2速トルコン式ATが設定されました。

トヨタ カローラ 2drセダン 1970 KE20

エンジンのスペックは先代から変更はなく、シングルキャブレター仕様の3K型が最高出力68ps/最大トルク9.5kgm、同高圧縮比仕様の3K-D型が最高出力73ps/最大トルク9.6kgm、ツインキャブレター・ハイオク仕様の3K-B型が最高出力77ps/最大トルク9.6kgm、同レギュラー仕様の3K-BR型が最高出力74ps/最大トルク9.5kgmでした。装備面では、新たに盗難防止ハンドルロック機構やチャイルドロック内蔵リアドアなどが採用されました。

1.4L車と1.6L車を追加

発売当初のグレード体系は、下から3K型エンジン搭載の「スタンダード」「デラックス」、3K-D型エンジン搭載の「ハイデラックス」、3K-B型エンジン搭載の「SL」の4タイプで、ハイデラックス以上にフロントディスクブレーキや熱線リアウィンドウデフォッガーが、SLにラジアルタイヤが装備されました。そして同年9月に、1.4L直4OHVのT型エンジン系を搭載する「1400」シリーズが追加されました。

トヨタ カローラ クーペ 1970

当初はシングルキャブレター仕様のみで、最高出力86ps/最大トルク12kgmのT型と、最高出力を90psにアップした「1400SL」用のT-D型がラインナップされました。次いで1971年4月に、1400SLのエンジンがT型をツインキャブレター化したハイオク仕様のT-B型(最高出力95ps/最大トルク12.3kgm)及び同レギュラー仕様のT-BR型(最高出力91ps/最大トルク12kgm)に置換されました。

トヨタ カローラ クーペ 1970

同時に、同エンジンを搭載し、7連メーターやハードサスペンションを採用した「1400SR」が追加されました。追って同年8月に初のマイナーチェンジを受け、フロントグリルやリアコンビネーションランプの意匠変更が行われました。次いで1972年3月に、1.6L直4DOHCハイオク仕様の2T-G型エンジン(最高出115ps/最大トルク14.5kgm)及び同レギュラー仕様の2T-GR型エンジン(最高出110ps/最大トルク14kgm)を搭載する「レビン」が追加されました。

更に同年8月実施の2度目のマイナーチェンジにより、フェイスリフトと共に3K-B型エンジンを搭載する「1200SR」が追加されました。次いで1973年4月に、1.6L直4OHVハイオク仕様の2T-B型エンジン(最高出力105ps/最大トルク14.2kgm)及び同レギュラー仕様お2T-BR型エンジン(最高出力100ps/最大トルク13.9kgm)を搭載するクーペ「レビンJ」「1600SR」「1600SL」及びセダン「1600SL」が追加されました。

同時に、1.2L/1.4L車は昭和48年排出ガス規制適合となりました。追って同年6月に、ハイデラックスに5速MT車が追加されました。そして1974年4月に後継モデルの「カローラ30」がデビューした事に伴い、1.4L/1.6L車が生産終了となったものの、1.2L車の下級グレードはエンジンをカローラ30と共通の3K-H型(最高出力71ps/最大トルク9.7kgm)に置換した上で販売が継続されました。

そして1977年12月に、全車生産終了となりました。

カローラの購入を検討している方はこちらもチェック

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK