トヨペット クラウン (初代 RS 1955-1962):観音開きドアを採用した本格的国産乗用車の先駆者

シェアする

トヨペット クラウンRS 1955-61

トヨペット クラウンRS 1955-61

トヨタのプレミアム4ドアセダン「トヨペット・クラウン」の初代モデルは、1955年1月にデビューしました。先行して発売された「トヨペット・スーパー」を含め、当時の国産乗用車は劣悪な道路事情を考慮しトラック用シャシーを流用するのが通例であったものの、クラウンでは乗用車専用シャシーを開発して使用するなど、本格的な国産乗用車の先駆者的な存在となりました。

曲線的なボディラインを持つそのスタイリングは、当時日本国内の路上に数多く存在したアメリカ製乗用車を縮小したような雰囲気を備えていました。特徴的だったのはドアで、乗降性を向上させる為に後席用ドアが後ヒンジの観音開き式が採用されました。2代目モデル以降では前ヒンジ式に改められた為、歴代モデルで唯一の観音開き式ドア採用車となりました。

サスペンションを近代化

ボディサイズは全長4,285mm×全幅1,680mm×全高1,525mm、ホイールベースは2,530mmで、車両重量は1,210kgでした。サスペンションは、前述のトヨペット・スーパーや同時期に発売された「トヨペット・マスター」などが前近代的な4輪リジッド・リーフ式を採用していたのに対し、フロントにダブルウィッシュボーン/コイル式+トーションバーという近代的な形式が採用されました。

トヨペット クラウンRS-L 1958-62

トヨペット クラウンRS-L 1958-62

リアはリジッド・リーフ式が踏襲されたものの、乗り心地を改善する為に従来よりも枚数を減らした3枚バネ式が採用されました。駆動方式はコンベンショナルなFRで、エンジンはトヨペット・スーパーで先行採用された1.5L直4OHVのR型でした。スペックは最高出力48ps/最大トルク10kgmで、2速/3速シンクロメッシュ採用の3速コラム式MTを介しての最高速度は100km/hでした。

トヨペット クラウンRSD 1955 (出典:wikipedia)

トヨペット クラウンRSD 1955 (出典:wikipedia)

室内は前席ベンチシート採用の6人乗り仕様で、インパネには丸型のスピードメーターを含む5連式メーターが並びました。快適装備はベンチレーター程度で、ラジオやヒーターも備わらない質素なものでした。又、ウィンカーとしてセマフォー(腕木式方向指示器)が採用されていました。そして同年12月に、上級グレードの「デラックス」が追加されました。

トヨペット クラウンDeluxe 1960-62

トヨペット クラウンDeluxe 1960-62

エクステリア面では、フロントウィンドウがセンターで分割された2枚ガラス式から1枚ガラス式に変更された他、フォグランプやバックランプ、ボディ側面のモールなどが追加され、タイヤもホワイトリボンタイプに変更されるなど差別化が図られました。又、インテリア面ではラジオやヒーター、時計が標準装備されました。

改良でエンジンをパワーアップ

トヨペット クラウンCustom 1959-62

トヨペット クラウンCustom 1959-62

次いで1956年10月にエンジンの最高出力が55psに、更に1958年4月には58psまで向上しました。続いて同年10月のマイナーチェンジでトランスミッションにオーバードライブが追加され、翌1959年10月には1.5L直4OHVディーゼルのC型エンジン(最高出力40ps/最大トルク8.5kgm)搭載車が追加されました。

トヨペット クラウンステーションワゴン 1959

トヨペット クラウンステーションワゴン 1959

そして1960年10月に、小型車規格が排気量1.5L未満から2L未満に改正された事を受け、デラックスに1.9L直4OHVの3R型エンジン(最高出力90ps/最大トルク14.5kgm)搭載車が追加されました。同時に、2速トルコン式AT「トヨグライド」搭載車が設定されました。次いで1961年にスタンダードにも1.9L車が追加されました。そして翌1962年9月に2代目モデルにバトンタッチされ、生産終了となりました。

クラウンの購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK